タチウオのテンヤの釣り方は簡単!【釣果情報】(2018.12.19)

タチウオのテンヤの釣り方は簡単!【釣果情報】(2018.12.19)

今シーズンは太刀魚が本当によく釣れます。

 

しかも、12月に入っても釣果はそれほど変わりません。

 

数釣りは楽しいですが、大型を釣りたくてもう1度行ってきました。

 

お昼から風が強くなるという予報でしたが、それ以外は問題なしでした。

 

ただ、朝が早いのでとても寒かったです。

 

タチウオのテンヤ釣り

 

この日も午前6時に出船しました。

 

約40分かかってポイントへ到着しました。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

仕掛け

太刀魚釣り 仕掛け テンヤ

竿 タチウオX ML−190
リール レオブリッツ300J
タチウオテンヤ 40号 リーダーに枝針(1本)をセット
リーダー フロロカーボン

 

エサは、前回同様にイワシとサンマの切り身を使いました。

 

始めは、テンヤにイワシを巻き付けました。

 

タチウオのテンヤ釣り

 

仕掛けを投入して底まで沈めます。

 

着底したら、誘い始めます。

 

今シーズンは3回釣りに行きましたが、どちらかと言うとソフトに誘った方がよいように感じます。

 

もちろん、活性が高い時間帯はワンピッチジャークなどで積極的に動かした方が喰いがよいこともあります。

 

リールを2〜3回ゆっくり巻いて、その後3〜5秒ステイします。

 

これを繰り返して、太刀魚が当たるのを待ちます。

 

当たりがあれば、積極的にリールを巻いて食わせます。

 

引き込むような当たりがあれば、すぐに合わせます。

 

 

テンヤ釣りは、当たりがあってから、いかにフッキングさせることができるかが勝負です。

 

何回か失敗すると、エサがなくなってしまってもう喰ってきません。

 

それまでにうまく掛けないといけません。

 

タチウオのテンヤ釣り

 

釣り始めて30分ぐらいで、ようやく1匹目を釣り上げることができました。

 

前回もそうでしたが、今回も出だしはなかなか釣れませんでした。

 

午前9時頃まではポツポツ釣り上がる程度でした。

 

 

その後は、爆釣モードに入りました。

 

狙いの棚(基本的には底付近)まで沈めて、何回かリールを巻くとすぐに当たりがありました。

 

少し誘ってやると、大きな引き込みがあります。

 

すぐに合わせを入れるとフッキング成功という感じの繰り返しでした。

 

仕掛けを沈めると、高確率で太刀魚を釣り上げることができました。

 

タチウオのテンヤ釣り

 

たまに1mほどの良型やテンヤと枝針のダブルもありました。

 

本当に面白いように釣れました。

 

 

午前11時45分に釣りを終えました。

 

最後まで、釣れ続きました。

 

今回も、満足できる釣果でした。

 

これだけ釣れると楽しいですね。

 

スポンサーリンク

 

日時 2018年12月19日 6時〜12時30分
人数 4人(乗合船全員で6人)
ポイント 兵庫県 洲本沖
釣り方 テンヤ釣り

天気

 

晴れのちくもり

 

 

0.5m

 

普通

 

弱い→やや強い

私の釣果

太刀魚釣り 釣果

 

太刀魚 43匹 70cm〜1m

 

全員の釣果(4人)

 

太刀魚 138匹 70cm〜1m20cm

 

 

スポンサーリンク

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2018年の釣り情報!

ホーム


 
ホーム サイトマップ