釣り車におすすめの車種と車中泊

釣りで使う車や車中泊についてはこちらの姉妹サイトをご覧ください!
釣り車におすすめの車種と車中泊

ヒラマサ釣りの時期は夏なのに!【釣果2019.10.7】

まだヒラマサが釣れているということなので、ヒラマサ釣りに行ってきました。

 

今年は、ヒラマサの大当たりの年なのかもしれません。

 

春は良型が狙えました。

 

いつもなら、夏の暑い時期が終わる頃にはあまり釣れなくなっています。

 

しかし、今年は10月に入って涼しくなっても釣れ続いています。

 

サイズは、かなり小型になっています。

 

もちろん、日によってムラはありますが。

 

 

秋になると、真鯛がよく釣れます。

 

うまくいけば、ヒラマサと真鯛の両方が釣れるかもしれないと期待して行ってきました。

 

ヒラマサ釣り

 

この日は、午前9時に出船しました。

 

この間の台風の影響もあって、波は前日2〜3mで、当日は2mから1mうねりありの予報でした。

 

行けても少し波が高いのではと心配でした。

 

行ってみると、波は1mほどに落ちていました。

 

少しうねりはありました。

 

 

ポイントまでは約15分でした。

 

完全ふかせ釣りの準備を行いました。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

仕掛け

完全ふかせ仕掛け  

竿 青龍竿 300V
リール シーボーグ500FT
マダイ針12号 2本
ハリス 6号 全長10m
80cm
間隔 300cm
クッションゴム
おもり

 

仕掛けを投入して流しました。

 

どうも潮が緩いようです。

 

思いのほか、仕掛けが流れていきません。

 

ヒラマサ釣り

 

ゆっくり仕掛けを流すと、23mほど流すと急にラインが出ていきます。

 

いきなりの当たりです。

 

合わせて、ゆっくり巻いてきます。

 

釣り上げると、30cmほどのイサキでした。

 

 

この後、当たりがなかったので、ポイントを変更しました。

 

変更して最初に流すと、30mほど流したところですぐに当たりがありました。

 

巻き上げると、イサキのダブルでした。

 

1投目は、なぜかイサキです。

 

 

仕掛けを再び流します。

 

仕掛けが25mぐらい流れた時に、ラインが勢いよく出ていきます。

 

イサキとは明らかに異なります。

 

巻き始めると、竿が大きく引き込まれます。

 

25mぐらいから巻き上げてくるので、魚がまだ元気です。

 

釣り上げると、40cmほどのヒラマサでした。

 

ヒラマサ釣り

 

この後、ヒラマサが連続でヒットします。

 

入れ食いとまではいきませんが、コンスタントに当たりがありました。

 

ヒラマサだけならよいのですが、40〜50cmのシイラが食ってくるのには困りました。

 

もっと大きければよいのですが、ちょっと小さすぎます。

 

それに、シイラは走り回るので、オマツリのリスクが高くなります。

 

 

サイズは小さかったですが、とても楽しめました。

 

真鯛はチャリコが1匹しか釣れませんでしたので、次回は真鯛を狙いたいですね。

 

スポンサーリンク

 

日時 2019年10月7日 9時〜17時
人数 4人
ポイント 京都府 中浜
釣り方 完全ふかせ

天気

 

くもり一時晴れ

 

 

1m

 

緩い

 

普通→やや強い

私の釣果

ヒラマサ釣り 釣果

 

ヒラマサ12匹 40〜50cm

 

イサキ3匹 30〜40cm

 

真鯛1匹 30cm

 

全員の釣果

ヒラマサ釣り 釣果

 

ヒラマサ釣り 釣果

 

ヒラマサ40匹 40〜50cm

 

イサキ8匹 30〜40cm

 

真鯛5匹 30〜63cm

 

 

スポンサーリンク

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の釣り情報!

ホーム