天秤ふかせ釣り〜マダイ・アジ・イサキ

天秤ふかせ釣り〜マダイ・アジ・イサキ

天秤ふかせ釣りの釣り方について説明させていただきます。

 

天秤からの仕掛けがふわふわと潮に漂うようになるため、大型魚が掛かりやすいです。

 

棚が合えば連続で釣れる可能性が高くなりますので、必ず釣れたら水深をチェックしてください。

 

しかし、棚を合わせるのは少し難しいです。

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ

 

 

 

棚合せのポイントは、エサが全部取られたら1m上げ、エサがすべて残っていれば1m下げます。

 

上針のエサが残り、下針のエサが取られるぐらいまで繰り返します。

 

棚がわかれば、その棚で釣ります。

 

なので、巻き上げた仕掛けのエサのチェックは非常に大切です。

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ

一度仕掛けを投入したら、途中で棚を変えないでください。

 

変えてしまうと、エサがどの棚で取られたのかわかりません。

 

スポンサーリンク

 

 

また、仕掛けを海に投入するときは、仕掛けが絡まりやすいので注意が必要です。

 

仕掛けを海に投入する方法には、次の2つがあります。

 

  • 針を先に入れてから、後で天秤を海に投入する方法。(潮がそこそこ流れている場合)
  •                                                    
  • 天秤を先に入れてから、後で針を海に投入する方法。(潮があまり流れていない場合)

 

潮の流れなど海の状況で判断してください。

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ

仕掛けをあまり高速で下ろさないでください。

 

仕掛けが天秤に絡まってしまいます。

天秤ふかせ仕掛け

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ  

対象魚ごとのハリスの号数などは、下の表を参考にしてください。

マダイ船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ
竿

   リーオマスター270MLC

 

リーオマスター270mlc 

 

リール

   シーボーグ300FBe

 

シーボーグ300fbe 

 

ハリス

   5号〜6号

 

   80cm

 

間隔

   300cm

 

ふかせ 仕掛け   

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ
最近は喰いがよいということで、仕掛けは長い目の全長15mを使用しています。

 

ただ、ひとつ難点があります。

 

それは、仕掛けが絡まりやすいことです。

 

ちょっと油断して仕掛けを踏んでしまったり、船がポイントを変えるため走った後などはたいへんなことになってしまいます。

 

慣れるまでは嫌になりますよ(笑)

 

もちろん、短めの10mぐらいでも問題ありません。

 

天秤は、中にクッションゴムが入っているパイプ天秤がおすすめです。

 

竿は比較的短い270cm〜310cmぐらいが釣りやすいです。

 

柔らかめの竿を使ってください。

 

リールは、小型のダイワの300サイズ〜400サイズがよいですね。

 

非常に使いやすくて、楽です。

 

アジ船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ
竿

   海攻 マダイ S−360

 

海攻 マダイ s−360 

 

リール

   シーボーグ300FBe

 

シーボーグ300fbe 

 

ハリス

   4号〜5号

 

   80cm

 

間隔

   300cm

 

 

ふかせ 仕掛け  

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ  
アジを専門で狙うのなら、4号〜5号がベストです。

 

大アジでも、全然大丈夫です。

 

むしろ、口切れに注意が必要です。

 

細くて長いクッションゴムを付けると安心です。

 

竿は断然柔らかい方がよいです。

 

少し長めの方が、口切れ防止には効果的です。

 

リールは操作性重視で、小型のダイワの300サイズ〜400サイズをおすすめします。

 

イサキ船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ
竿

   バイパースティック 310

 

バイパースティック 310 

 

リール

   シーボーグ300FBe

 

シーボーグ300fbe 

 

ハリス

   4号〜5号

 

   80cm

 

間隔

   300cm

 

 

ふかせ 仕掛け 

 

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ  
仕掛けは、アジとほぼ同じでよいです。

 

イサキはそれほど大きく引き込むことがありませんので、これで十分です。

 

少し柔らかめの竿の方が、喰いこみがよいように感じます。

 

リールは、手持ちが楽な小型のダイワの300サイズ〜400サイズが使いやすいです。

 

 

上記のものは、すべて私が実際に使用している仕掛けなどです。

 

竿やリールについても同様です。

 

わかりやすいように、具体的な竿名やリール名を記載させていただきました。

 

もちろん、これ以外の竿やリールでも大丈夫ですよ。

 

 

エサ

 

エサの種類・注意点

 

基本的には胴突き・サビキ釣りと同じです。

 

オキアミを使います。

 

かご・ロケットにはあまりエサを詰めすぎないでください。

 

エサが海中で出なくなります。

 

撒き餌の出し方には、2種類の方法があります。

 

  • 竿を下から上にに大きく、数回振る方法。                               
  • リールから出ている糸を数回引っ張る方法。(糸が船底に入っている場合は特に有効です。)

 

 

エサの付け方

 

エサの取り付けは、1匹はオキアミの尻尾から針を入れ、もう1匹は抱き合わせるようにして針を差し込みます。

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ

 

喰いが渋い時には、1匹がけをします。

 

船釣り,仕掛け,竿,天秤ふかせ,釣り具,マダイ

 

オキアミはできるだけ、しっかりとした綺麗なものを選び、取り付けてください。

 

ボロボロになっていたり、目玉が取れているものは使用しないでください。

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「マダイ・アジ・イサキを釣る!完全ふかせ編

ホーム


 
ホーム サイトマップ