ロッドホルダーヘッドについて

ラークサポートを購入すると便利

ラークサポートとは、ロットキーパーの一部です。

 

竿を直接はさむ部分です。

 

なぜラークサポートの話をするのかについて説明させていただきます。

 

上で、最近はロットキーパーを装着している船が多いと言う話をさせていただきました。

 

私が知っている船のほとんどはラークを使っています。

 

当然釣りに行くと装着されたラークを使わせてもらうわけですが、ノーマルのラークのロットキーパーヘッドは竿を取り付けにくいです。

 

正しくは取り付けるのに少し時間がかかります。

 

ロッドホルダーヘッド 純正品

 

それは純正品のロットキーパーヘッド(上の写真)は、竿をはさんで2つの小さなネジを回して締めるタイプだからです。

 

釣り船に装着されているラークだけがそうではなく、市販されているラークのロットキーパーがこのようなタイプになっています。

 

最新のものはちょっとわかりませんが・・・。

 

しかも、2つのネジがバランスよく締まるようにしなければなりません。

 

片方だけを締めすぎると竿をはさんでいる部分が斜めになってしまい、竿をはさんでいる部分が外れそうな気がします。

 

そんなことかと思われるかもしれませんが、少しでも早く準備をして仕掛けを投入したいと思っている時は結構気になります。

 

スポンサーリンク

 

 

別売りで、下の写真のようなラークサポートがあります。

 

ロッドホルダーヘッド

 

商品名は第一精工から販売されている「DXワンタッチサポート」です。

 

竿をはさむための締めるねじが1個しかありません。

 

したがって、竿をはさんで大きな持ちやすいネジを回すだけです。

 

早くて簡単です。

 

2つのネジを締めるバランスなどを考える必要がありません。

 

 

別に純正品でも使用に問題があるわけではありません。

 

竿をロッドキーパーに取り付ける時、早くて簡単で楽な方がよいと思います。

 

もちろんこれはラークを装着している釣り船、あるいは自身が持っているラークでお使いになられる方のみが対象です。

 

あと注意しなければならないのは、ロッドキーパーとラークサポートとが取り付けられるかです。

 

同じラークシリーズなら、口のサイズが合えば取り付けられます。

 

私は別売りのラークサポートを購入し、いつも釣り船に持って行って使っています。

 

いつも釣りに行くラークを装着している船は、全部ロッドキーパーヘッドの口のサイズが同じです。

 

たまたまかもしれませんが・・・。

 

 

ご購入を考えておられる方は、よく行く釣り船に装着されているラーク、あるいは自身が持っているラークの口のサイズを確かめてください。

 

ロッドキーパーヘッドの口の大きさは大と小の2種類か、よくあっても3種類ぐらいしかないと思います。

 

すぐにわかると思います。

 

サイズが合わないと何の役にも立ちませんので、お間違いのないようにしてください。

 

価格は2,000円〜3,000円ぐらいです。

 

必ずいるものではありませんが、あると便利なものです。

 

一度お試しください。

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「バッテリーの選び方!

ホーム


 
ホーム サイトマップ