おもりについて

おもりについて

おもり

 

 

非常に地味な釣り具ですが、とても重要です。

 

おもりの役割として、次のものが挙げられます。

 

 

対象魚のいる棚に仕掛けが流れて行くようする!

 

海には、大抵潮が流れています。

 

たまに止まっていることがありますが・・・。

 

潮が流れていると、どうしても対処魚がいるポイントの棚に仕掛けが流れていかないときがあります。

 

棚とは対象魚が泳いでいる層だと思ってください。

 

もっと簡単に言うと、魚がいる深さのことです。

 

狙っているポイントの棚に仕掛けがいかないと、釣れないことが多いです。

 

その場合は、おもりを重くするなど工夫をすると棚に仕掛けがいきます。

 

このようにおもりは釣果に大きな影響を与えます。

 

スポンサーリン ク

 

 

お祭りを防ぐ!

 

人数が多いと、お祭りをしやすいです。

 

お祭りとは自分の仕掛けが他人の仕掛けと絡まることです。

 

人数が少ないとそんなことはないのですが、多いとお祭りが頻繁に発生して釣りになりません。

 

お祭りの原因は潮と風です。

 

潮が早すぎると、軽いおもりでは流されてしまいます。

 

重いおもりに変えないと、お祭りする可能性が高いです。

 

風によって船が振られると、お祭りしやすいです。

 

風の場合は、おもりの調整ではどうしようもない場合があります。

 

どちらの場合も、ある程度はおもりによって防ぐことができるのでおもりの重さ(号数)には注意してください。

 

船長の指示に従ってください。

 

 

ガン玉 おもり

 

おもりには、いろいろな重さのものがあります。

 

上の写真はガン玉です。

 

”かみつぶし”とも言います。

 

これはおもりに割れ目があって、そこに糸を入れて、最後に歯でかみつぶして糸が外れないようにして使うためです。

 

歯が悪くなるので、ペンチで挟む方がよいです。

 

ガン玉を付けることにより、仕掛けの沈み方を微調整できます。

 

特に完全ふかせ釣りに威力を発揮します。

 

 

板おもりでも構いません。

 

釣り方、海や風の状況などにより使用するおもりが異なりますので、できるだけいろいろなおもりを揃え、いつでも必要な時に使えるようにしておいてください。

 

胴付き釣りや天秤ふかせ釣りなら40号〜120号、完全ふかせ釣りならガン玉のセット(上の写真のもの)〜10号。

 

これをひとつの目安に考えてください。

 

特によく使うおもりは、複数個用意しておいてください。

 

私がよく使うおもりの号数は50号〜80号です。

 

常に3個ずつは持って行くようにしています。

 

対象魚などによってまったく異なりますので、船長に聞いてみるとよいです。

 

おもりの価格は、重さによって全然違います。

 

基本的に、おもりは大きくなればなるほど価格が高くなります。

 

1個100円〜1,000円ぐらいです。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「天秤について

ホーム

おもりについて関連ページ

仕掛けについて
仕掛けは釣り船や釣り具店で情報を入手し、最適な仕掛けを用意してください。対象魚や釣り方によって仕掛けが異なりますので、目的にあったものを購入してください。
天秤について
天秤には金属タイプのものやパイプタイプのもの、形状記憶のものがあります。基本的にはどれでもよいですが、おすすめはパイプタイプのものです。
網かご・ロケットについて
網かごやロケットは撒き餌を撒くために使います。網かごやロケットには、いろいろな種類(網かご・ロケットなど)や大きさなどのタイプがあります。
クッションゴムについて
クッションゴムには太さや長さが異なるものがたくさんあります。今つれている対象魚の大きさなどで適切なクッションゴムを選んでください。
発泡ウキについて
発泡ウキは、完全ふかせ釣りで潮があまり流れていない時に、糸を流しやすくするために使います。発泡ウキには、いろいろな色や大きさのものがあります。
釣り針置きについて
釣り針置きには魚針用とイカ針用の2種類があります。釣り針置きがないと仕掛けが絡まってしまいます。海に落とさないための工夫もご紹介しています。
グローブについて
グローブは魚がかかった時の指切れ防止や根がかかりした時の手切れ防止、防寒対策として役立ちます。
ナイフについて
ナイフは魚を締めたり、エサのブロックを割ったりするのに必要です。ナイフはどのようなものでも良いので、用意していてください。
ネットについて
ネットは凍ったオキアミのブロックを解かすのに使用します。特に冬場は、なかなか解けないので重宝します。
クッションについて
釣りに行くと必ずと言ってよいぐらいお尻が痛くなります。これを解消するためにクッションを使うとよいです。
ペンチについて
ペンチは釣りに必須のアイテムです。糸を切る時や釣れた魚が針を飲み込んだ時などに使います。
ラインカッターについて
ラインカッターは必ず必要なものではありませんが、あれば便利なものです。

 
ホーム サイトマップ