マイカの乗りが悪い仕掛けを作らないための注意点をご紹介!

イカ 仕掛け

 

問題のあるイカ仕掛け!

 

マイカ・スルメイカの仕掛けを自作されている方は多いと思います。

 

私も仕掛けはすべて自分で作っています。

 

自分で作ると、イカ角の種類及び個数、枝や間隔の長さなどを思うがままにすることができます。

 

作っておられない方は、絶対に自分で作った方がよいです。

 

 

仕掛けを作る際に注意点があります。

 

三角サルカンは使わないでください。

 

三角サルカン

 

以前は、三角サルカンを使って仕掛けを作っていました。

 

その仕掛けでマイカ釣りに行ったところ、全然マイカが乗ってきませんでした。

 

そこで船長に仕掛けを借りました。

 

船長から借りた仕掛けは、サルカンがなく、どこにでも売っているようなスッテが数個付いたものでした。

 

しかし、不思議なことにこの仕掛けを使ったとたん、爆釣でした。

 

本当に驚きました。

 

 

船長にその理由を聞くと、どうも三角サルカンがいけなかったようです。

 

三角サルカンを付けると、動きがどうしても不自然になってしまうそうです。

 

その不自然さをマイカが嫌うようです。

 

良い イカ 仕掛け まあまあ イカ 仕掛け 悪い イカ 仕掛け

イカ 仕掛け

サルカンを使用していないので、不自然な動きがないので、イカの乗りがよいです。

 

イカ 仕掛け

サルカンを使用しているが、不自然な動きがまだ少ないので、イカの乗りが極端に落ちることはないと思われます。

イカ 仕掛け

三角サルカンを使用しているので、不自然な動きとなり、イカの乗りが極端に悪くなることがあります。

 

普通のサルカンも使わない方がよいです。

 

もちろん、サルカンが付いていても爆釣する時もあります。

 

乗りが悪い時に、特に効果を発揮するようです。

 

それでもダメなら、仕方がありませんね。

 

 

サルカンを使うよりも、簡単に仕掛けを作れますので、じゃんじゃん作ってください。

 

仕掛けのサルカンを引っかけるためのリール糸で結ぶ輪の作り方とほぼ同じです。

 

作り方はこちらです。

 

マイカ 仕掛け 

仕掛けの1番上にサルカンを取りつけます。

 

サルカンから1番上のスッテ取り付け位置までの長さのところで、写真のように2つ折りにしてください。

 

 

マイカ 仕掛け 

2つ折りにしたハリスで輪を作ります。

 

枝部分を長く取りたいのなら、輪は大きめにしてください。

 

あまり小さな輪だと、スッテを取り付けられませんのでご注意ください。

マイカ 仕掛け 

作った輪の中を2回通します。

 

そして強く引っ張ります。

マイカ 仕掛け 

ここからが重要です。

 

写真のような輪が出来上がります。

 

輪の中へ両手を入れて、矢印の方向へ強く引っ張ってください。

 

結び目がさらに縛られます。

マイカ 仕掛け 

次に写真のように、輪から出ている2本のハリスを両手で引っ張ってください。

 

結び目がさらに縛られます。

 

これをしておかないと、あとで枝部分が抜けてしまいます。

 

心配なら、前の段階とこの段階をもう1回ずつしておいてください。

 

これでかなり強く縛れましたので、もう抜けることはないと思います。

 

マイカ 仕掛け  

最後に輪の下の部分(おもり側)を切ってください。

 

念のため、結び目のギリギリの部分では切らないでください。

 

抜ける原因になります。

 

次に、枝部分にスッテを取りつけてください。

 

これがスッテ1個当たりの作業です。

 

スッテ10本針の仕掛けを作るには、これを10回してください。

 

最後におもり用のサルカンをつけて完了です。

 

 

 

 

難点はスッテを交換できないことです。

 

簡単に作れますので、たくさんいろいろな仕掛けを作っておくとよいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

ホーム

 

問題のあるイカ仕掛け!関連ページ

マイカ釣りで足切れを防止する!
マイカ釣りで頭を悩ませるのが、マイカの足切れです。足切れ防止のためのテクニックをご紹介しています。

 
ホーム サイトマップ