2016年2月26日 サバ・イワシ釣り 和歌山県湯浅

【釣り情報】サバ・イワシ釣り 和歌山県湯浅 2016年2月26日 

1〜3月は、通常ではオフになっていることが多いです。

 

かなり前ですが、お正月に釣りに行ったこともありますが、ここ何年かは1月以降に船釣りに出掛けた記憶はありません。

 

そして、今回初めて2月に船釣りに行ってきました。

 

ターゲットは寒サバです。

 

和歌山県では、30cm以上の寒サバがよく釣れています。

 

そこで、急遽和歌山県湯浅に釣りに行くことになりました。

 

 

予報では雨は降りませんが、波と風が少しあるということでした。

 

実際に行ってみると、波が高く、風が強かったです。

 

 

午前5時30分に出船しました。

 

朝が早くて眠いうえ、本当に寒かったです。

 

ポイントまでが遠いです。

 

港からポイントまで、約2時間かかりました。

 

サバ釣り 和歌山県

 

 

早速、準備にかかりました。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

仕掛け

胴突き仕掛け  

竿 海攻 ワラサ LIMITED 80−300
リール シーボーグ300FBe
10号 5本
ハリス 6号
約10cm
間隔 不明(短い)
クッションゴム
おもり 80号

 

仕掛けはこちらを使いました。

 

サバ 仕掛け

 

 

撒き餌にはアミエビを使います。

 

針にはエサを付けません。

 

波止釣りのサビキ釣りと同じです。

 

和歌山では、このような方法が多いようです。

 

 

最初の2回は、当たりがありませんでした。

 

しかし、3回目に当たりがありました。

 

竿先が上下に踊ります。

 

お祭り防止のため、かなり速めのスピードは巻き上げます。

 

釣り上げると、20cm前後のイワシでした。

 

実は、サバ釣りに行くと、イワシもたくさん釣れるようです。

 

イワシ 和歌山県湯浅

 

 

この日は、イワシの活性が高く、イワシが釣れまくりました。

 

始めのうちは、まったくサバの当たりがありませんでした。

 

しかし、しばらくすると大きな当たりがありました。

 

サバ 和歌山県湯浅

 

明らかに、イワシではなさそうです。

 

時折、竿が大きく曲がります。

 

巻き上げると、ようやく本命のサバが釣れました。

 

ここから、しばらくサバが釣れ出しました。

 

サバのトリプルもありました。

 

サバ 和歌山県湯浅

 

ここで一気に数を伸ばしました。

 

全部で10匹ほど釣れました。

 

 

その後、サバがまったく食わなくなってしまいました。

 

ポイントを変更するとに。

 

サバ 和歌山県湯浅

 

 

この時は、一時的に波・風ともにかなりマシになってきていたのですが、またしばらくすると、高い波と強風に襲われました。

 

非常に寒く、コンディションは最悪でした。

 

ポイントを変更しても、イワシが食ってくるだけで、サバはほとんど釣れませんでした。

 

 

12時30分に釣りを終えました。

 

昨日は、イワシよりサバの活性が高かったようです。

 

1日でまったくの逆になってしまいました。

 

それが少し残念ですね。

 

ただ、イワシもフライなどで食べればおいしいので楽しみにです。

 

スポンサーリン ク

 

日時 2016年2月26日 5時30分〜18時
人数 4人(乗り合い全部で8人)
ポイント 和歌山県湯浅から出港(詳細は不明)
釣り方 サビキ釣り

天気

 

くもり 一時 晴れ

 

 

2.0m→1.0m→2.0m

 

普通

 

強い→弱い→強い

私の釣果

 

サバ釣り 和歌山県湯浅

 

サバ12匹 35cm〜40cm  

 

イワシ100匹以上 18cm〜28cm  

 

全員の釣果(4人)

 

サバ70匹 35cm〜43cm  

 

イワシ400匹以上 18cm〜30cm  

 

 

関連動画

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2016年の釣り情報!

ホーム


 
ホーム サイトマップ