釣り車におすすめの車種と車中泊

釣りで使う車や車中泊についてはこちらの姉妹サイトをご覧ください!
釣り車におすすめの車種と車中泊

タコ釣り〜明石の船釣果(2019年7月2日) 小型ですが爆釣しました!

今シーズン初のタコ釣りに行ってきました。

 

今シーズンは、本当によく釣れているという情報を入手していたので楽しみにしていました。

 

最近は、小型のタコが爆釣しているそうです。

 

この日は、雨は気になりましたが、波風ともに問題はありませんでした

 

前半は雨が降ったり止んだりしていましたが、後半は完全に止みました。

 

 

午前4時に出船しました。

 

朝が早いのだけがつらいところです。

 

ポイントまでは30分ほどで到着しました。

 

今回も、もちろんエギでタコを狙います。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

仕掛け

タコ釣り エギ 仕掛け

竿 餌木タコ 185 LTD
リール テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス スペシャル2 64BR
エギ
リーダー フロロカーボン8号30cm

 

リーダーは1mで釣り始めたのですが、船長からもう少し短くした方がよいと言われたので短くしました。

 

長いと、タコが船に当たってしまって逃げてしまうためです。

 

短くても、まったく釣果には影響がないということです。

 

タコ釣り 明石

 

仕掛けを底まで沈めます。

 

着底したら、竿を細かく上下させて誘います。

 

オモリが浮き上がらないように注意します。

 

誘っては止めてを繰り返します。

 

基本的にはこれだけなので、本当に簡単です。

 

 

釣り始めてすぐに当たりがありました。

 

当たりと言っても、竿を上下に動かした時に、先ほどよりも重く感じる程度です。

 

重く感じたら合わせるだけです。

 

明らかに重くなれば、タコが乗っています。

 

たまに、海藻や岩を引っ掛けることもありますが。

 

タコ釣り 明石

 

釣り上げると、小型のタコでした。

 

リリースするほどではなかったですが、本当にかわいいタコでした。

 

このような小さなタコがほとんどで、たまにキロ超えが釣れるぐらいと船長は言っていました。

 

 

最初の1時間ほどは、釣れまくり状態でした。

 

入れて少し誘ったら、重くなるという感じです。

 

たまに、500〜600gぐらいのタコも釣れました。

 

タコ釣り 明石

 

その後は、たまに釣れるぐらいです。

 

しばらくすると、また連続ヒットするような時間帯がやって来るという感じです。

 

船を流して釣るので、タコがいるポイントへ差し掛かるとよく釣れます。

 

途中で、潮が速くなったり、緩んだりしたのも大きく影響しています。

 

潮が速くなると、タコの乗りが悪くなってしまいます。

 

 

この日は、釣れる時間帯はじゃんじゃん釣れました。

 

厳しい時間帯でも、たまには釣り上げることができました。

 

そのため、思った以上によく釣れました。

 

午前11時に釣りを終えました。

 

スポンサーリンク

 

日時 2019年7月2日 4時〜11時30分
人数 4人
ポイント 兵庫県 明石
釣り方 エギ

天気

 

雨 のち くもり

 

 

0.5m

 

緩んだり速くなったり

 

ほとんどなし

私の釣果

タコ釣り 明石
写真は2人分です。

 

マダコ 46匹 200〜600グラム

 

全員の釣果

タコ釣り 明石
船長が釣ってくれた分も含みます。

 

マダコ 115匹 200〜600グラム

 

 

スポンサーリンク

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の釣り情報!

ホーム