釣り車におすすめの車種と車中泊

釣りで使う車や車中泊についてはこちらの姉妹サイトをご覧ください!
釣り車におすすめの車種と車中泊

マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方

マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方についてご紹介しています。

 

マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)の選び方

マダラ釣りと宗八カレイ釣りは同じ竿でOKです。

 

それは、両方の魚が同じようなところ(場所や水深)に生息しているためです。

 

水深が200mもあるので、150号以上のオモリを付けないといけません。

 

お祭り防止のため、釣り船によって決められていることが多いです。

 

私がよく行く釣り船では、だいたい150号を使うように指示されます。

 

 

マダラ釣りや宗八カレイ釣りには、中深海用の竿がよく使われます。

 

オモリ負荷が重要です。

 

釣りに行く船で、よく使う重さのオモリを基準に選ぶとよいです。

 

私は150号のオモリがメインなので、オモリ負荷が120号・150号あたりの竿を選んでいます。

 

仮に120号までしか範囲に入っていない竿でも、150号ぐらいは余裕で乗ります。

 

あとは、120号をかけた時に、どれくらい竿がしなるかで、150号でも問題ないかどうかの判断をしています。

 

これは、あくまで私の選び方です。

 

心配な人は、メーカーが謳っているオモリ負荷で選んでください。

 

 

これぐらいの重さのオモリが乗るということは、青物やメダイ、タルイカなどの大物が食ってきても概ね大丈夫です。

 

もちろん、イカ専用の竿など明らかに細い竿は難しいですが、それなりに太さがあって、しっかりしている竿は何でも使えます。

 

 

長さは、1.8〜2.5mぐらいが使いやすいです。

 

あまりにも長すぎると、扱いにくいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

マダラ・宗八カレイ釣りのリールの選び方

リールも、マダラ釣りと宗八カレイ釣りでは同じものを使えます。

 

水深が深いので、電動リールをおすすめします。

 

乗合船で行くと、船長から指示があれば、すぐに仕掛けを巻き上げなければなりません。

 

手巻きでは、巻き上げるのに時間がかかってしまいます。

 

 

400〜500サイズがピッタリです。

 

PEの4〜6号が、最低300m巻けるものを選ぶとよいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「私が所有する竿!

ホーム