2018年7月23日 真鯛(マダイ)・マイカ釣り 京都府中浜

【船釣り釣果情報】真鯛(マダイ)・マイカ釣り 京都府中浜 2018年7月23日

今回は、半夜で真鯛釣りとマイカ釣りを行ってきました。

 

日中の釣りは非常に暑いので、この時期は厳しいのですが、真鯛やヒラマサが釣れているということで頑張って釣ってきました。

 

天気は晴れで、波・風共にそれほどありませんでした。

 

真鯛(マダイ)・マイカ釣り

 

午後2時に出港しました。

 

ポイントまでは、約30分です。

 

 

仕掛けは次のとおりです。

 

完全ふかせ釣りです。

 

仕掛け

完全ふかせ仕掛け  

竿 青龍竿 300V
リール シーボーグ500FT
マダイ針12号 3本
ハリス 6号 全長10m
80cm
間隔 300cm
クッションゴム
おもり

 

準備ができ、仕掛けを投入します。

 

投入してすぐに潮がぶっ飛んでいることがわかりました。

 

過去最高レベルに速かったです。

 

まるで川の流れのようです。

 

あっという間に100m流れていきます。

 

真鯛(マダイ)・マイカ釣り

 

流れが速いと、仕掛けがなかなか沈んでいきませんので、オモリを付けるなど思いつく限りの工夫を施しました。

 

少しぐらい速くても、過去に真鯛や青物を釣ったことがあります。

 

しかし、ここまで速いと正直釣りになりませんでした。

 

天秤ふかせ釣りにも挑戦したのですが、完全ふかせ釣りと同じでした。

 

結局、ウマヅラハギが1匹釣れただけでした。

 

 

魚がダメなら、マイカでリベンジといきたいところです。

 

しかし、潮が速いとマイカの乗りが悪いのであまり期待できません。

 

頑張るしかありませんが。

 

 

仕掛けは次のとおりです。

 

仕掛け

マイカ仕掛け  

竿 MULTI Solid−ST−U 30−150
リール シーボーグ300FBe
2.5号〜3号スッテ 10本
ハリス 6号
2〜3cm
間隔 150cm
クッションゴム あり
おもり 80号

 

実は、鉛スッテとウキスッテを使った上の仕掛けの両方で釣るつもりでした。

 

しかし、潮が速かったので、鉛スッテでは非常に釣りにくくて断念しました。

 

結果、ウキスッテの仕掛け1本で狙うことにしました。

 

真鯛(マダイ)・マイカ釣り

 

釣り始めから1時間ほどは、まったく当たりがありませんでした。

 

魚釣りがダメだっただけに嫌な予感が漂い始めます。

 

粘り強く、誘いをかけていると、当たりがありました。

 

潮が速いので、無理は禁物です。

 

無理をすると、足切れで逃がしてしまいます。

 

慎重に巻き上げ、何とか無事にマイカをゲットしました。

 

 

1匹釣れると、当たりが出始めました。

 

出始めたと言っても、なかなか連発とまではいきませんが。

 

断続的ではありますが、少しずつマイカを釣り上げていきました。

 

真鯛(マダイ)・マイカ釣り

 

午後11時に釣りを終えました。

 

1度に4匹釣れるという奇跡?が起こりましたが、思うような釣果を上げることができませんでした。

 

潮さえぶっ飛んでいなければよかったのですが、これも釣りなので仕方がありません。

 

次回に期待です。

 

スポンサーリンク

 

日時 2018年7月23日 14時〜23時30分
人数 4人
ポイント 京都府 中浜
釣り方 完全ふかせ

天気

 

晴れ

 

 

0.5m

 

非常に速い

 

弱い

私の釣果

真鯛(マダイ)・マイカ釣り

 

ウマヅラハギ1匹 25cm

 

マイカ18匹 20〜30cm

 

全員の釣果

 

ウマヅラハギ1匹 25cm

 

イサキ8匹 20〜30cm

 

マイカ45匹 20〜30cm

 

 

スポンサーリンク

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2018年の釣り情報!

ホーム


 
ホーム サイトマップ