釣り竿の手入れやメンテナンス方法・注意点をご紹介!

釣り具にはメンテナンスが必要!

釣りに行った後は必ず、釣り具の清掃をしましょう。

 

釣り具を清掃しないと、海水で錆びてしまったり、べっとりとしてしまったりで、釣り具自体が傷んでしまいます。

 

せっかくのよい釣り具が台無しです。

 

メンテナンスにやり過ぎはないと思いますが、最低限のことはやっておきましょう。

 

スポンサーリン ク

釣り竿の手入れ・メンテナンス

私の竿のメンテナンス法をご紹介します。

 

本当は風呂場で、ぬるま湯をかけて清掃したいのですが、なかなかそうはいきません。

 

釣りで使用した後は、いつも庭で水洗いしています。

 

特に注意する点があります。

 

ガイドの付け根部分や糸が通る部分の清掃は、一番念入りに行ってください。

 

ガイドには、オキアミやクラゲ、ゴミなどがへばりつているかもしれないからです。

 

ただ水をかけるだけでは、なかなか落ちないと思います。

 

スポンジで水をかけながら、洗うときれいになります。

 

竿を継ぐところも重要ですから、スポンジで洗っておきましょう。

 

あと、リールを装着するところもきれいにしておいてください。

 

ガイドの付け根部分や糸が通る部分

竿 メンテナンス  

 

ガイドの付け根部分は特にゴミが溜まりやすいので、念入りに清掃してください。

 

 

竿 メンテナンス

 

糸が通る部分をきっちりと清掃しておかないと、糸に傷がいきます。

 

継ぎ目部分

竿 メンテナンス  

 

特に右の黒い部分はきれいにしておいてください。

 

リール装着部分

竿 メンテナンス  

 

上のねじの溝や下の金属部分は、念入りに清掃してください。

 

高価なものですので、しっかりとした管理を行ってください。

 

こちらは、あくまで私が行っている手入れ・メンテナンス方法です。

 

メーカーなどが推奨する方法とは異なるかもしれませんので、ご了承ください。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「電動リールのメンテナンス

ホーム

竿の手入れ・メンテナンス関連ページ

電動リールのメンテナンス
電動リールのメンテナンス方法・注意点をご紹介しています。きっちりと清掃して、大切な電動リールをサビなどから守ってください。

 
ホーム サイトマップ