発泡ウキについて

発泡ウキについて

発泡ウキ

 

発泡ウキは、カラフルな発泡スチロール製のウキです。

 

これは完全ふかせ釣りで、潮があまり流れていない時に、糸を流しやすくするために使います。

 

潮の流れが弱いと全然糸が流れていきません。

 

こんな時は発泡ウキが効力を発揮します。

 

潮の流れによって、発泡ウキの大きさを選択します。

 

写真のように、いろいろな大きさの発泡ウキが市販されています。

 

潮の流れが弱いほど、大きな発泡ウキを付ければよいです。

 

写真のようにマジックで何号の発泡ウキか記載しておくと、わかりやすいです。

 

船長から4号の発泡ウキを付けるようにと指示があっても、記載がないとどの大きさかわからなくなります。

 

 

発泡ウキ ケース

 

 

このようなケースに入れて使用しています。

 

よく使う大きさは必ず用意しておいてください。

 

釣具店では、何種類か大きさの異なるものを1つの袋に入れて売られています。

 

そちらを購入し、足りない大きさだけ個別に買えばよいです。

 

あと色は特に気にする必要はありません。

 

使用する時、周りの人と異なる色を使うと、お祭した際に誰の仕掛けかわかりやすいですよ。

 

発泡ウキは完全ふかせ釣りには、なくてはならないものです。

 

発泡ウキの価格は1袋に5,6個入って300円〜500円ほどです。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「釣り針置きについて

ホーム

発泡ウキについて関連ページ

仕掛けについて
仕掛けは釣り船や釣り具店で情報を入手し、最適な仕掛けを用意してください。対象魚や釣り方によって仕掛けが異なりますので、目的にあったものを購入してください。
おもりについて
おもりには重要な役割があります。対象魚のいる棚に仕掛けが流れて行くようにしたり、お祭りを防ぐのに非常に重宝します。
天秤について
天秤には金属タイプのものやパイプタイプのもの、形状記憶のものがあります。基本的にはどれでもよいですが、おすすめはパイプタイプのものです。
網かご・ロケットについて
網かごやロケットは撒き餌を撒くために使います。網かごやロケットには、いろいろな種類(網かご・ロケットなど)や大きさなどのタイプがあります。
クッションゴムについて
クッションゴムには太さや長さが異なるものがたくさんあります。今つれている対象魚の大きさなどで適切なクッションゴムを選んでください。
釣り針置きについて
釣り針置きには魚針用とイカ針用の2種類があります。釣り針置きがないと仕掛けが絡まってしまいます。海に落とさないための工夫もご紹介しています。
グローブについて
グローブは魚がかかった時の指切れ防止や根がかかりした時の手切れ防止、防寒対策として役立ちます。
ナイフについて
ナイフは魚を締めたり、エサのブロックを割ったりするのに必要です。ナイフはどのようなものでも良いので、用意していてください。
ネットについて
ネットは凍ったオキアミのブロックを解かすのに使用します。特に冬場は、なかなか解けないので重宝します。
クッションについて
釣りに行くと必ずと言ってよいぐらいお尻が痛くなります。これを解消するためにクッションを使うとよいです。
ペンチについて
ペンチは釣りに必須のアイテムです。糸を切る時や釣れた魚が針を飲み込んだ時などに使います。
ラインカッターについて
ラインカッターは必ず必要なものではありませんが、あれば便利なものです。

 
ホーム サイトマップ