魚のさばき方 その2 マダイ編

マダイ さばく    マダイ編

 

出刃包丁と文化包丁を用意しましょう!

 

出刃包丁

 

刃をチェックし、切れが悪そうなら砥石で研いでください。

 

スポンサーリン ク

マダイのさばき方!

マダイ さばく おろす

  

こちらは我が家の屋外に設置されたキッチンです。

 

魚をさばくと、うろこが飛び散るので、外に設置しました。

 

 

まずは、うろこを取ります。

 

マダイのうろこは硬くて、大きいです。

 

特に背びれやお腹のうろこは、きっちりと取っておきましょう。

 

3枚におろす時に、うろこが邪魔で包丁が刺さりませんよ。

 

背びれなどは尖っていますので、十分注意しましょう。

 

滑りやすいので、軍手をはめるとよいでしょう。

 

マダイ さばく おろす

 

お腹の下から包丁を入れ、口の辺りまで切ります。

 

腹びれで手を切りますので、注意してください。

 

内臓とえらを取り除きます。

 

えらは頭部にしっかりと付いていますので、引っ張ってもなかなか取れません。

 

包丁をうまく使って取ってください。

 

 

写真のマダイには、卵(お腹のオレンジ色のもの)が入っています。

 

マダイ 白子

 

こちらは、マダイの白子です。

 

釣り人だけが味わえる贅沢です。

 

マダイの”のっ込み”の時だけの楽しみです。

マダイ さばく おろす  

頭を落とします。

 

マダイは背骨が硬いので、頭を落とすのはたいへんです。

 

魚の両面から半分ずつ包丁を入れるようにすれば、少しはマシです。

 

手が滑らないように注意してください。

マダイ さばく おろす  

お腹の方から包丁を入れます。

 

身を背骨からきれいに切り取ります。

 

背骨に身を残さないように、刃先の角度に注意してください。

 

一度に深く切らず、少しずつ切り進めてください。 

 

 

マダイ さばく おろす  

次は頭の方から包丁を入れます。

 

お腹の場合と同じです。

 

刃先の角度に注意してください。

 

一度に深く切らず、少しずつ切り進めてください。 

 

 

マダイ さばく おろす 

尻尾部分を下から上へ突き刺すように包丁を入れ、左手でしっかりと尻尾を持ち、包丁を左側に進めていきます。

 

アジぐらいのサイズなら、左手で尻尾を持ち、包丁を右側に進めていってもよいです。

 

しかし、マダイや大きな青物などはこのような方法では切りにくいです。 

 

裏面も同様にすると、三枚おろしの出来上がりです。

 

皮の剥ぎ方は、アジのさばき方! をご参照ください。

 

マダイ さばく おろす 

マダイの頭は、煮つけにするとおいしいです。

 

そのままでは調理することができませんので、頭を2つに割ってください。

 

これが硬くてたいへんです。

 

手を切らないよう、少しずつ慎重に行ってください。

 

 

これは素人の私が行っている方法です。

 

プロの方が行っている方法とは異なると思いますので、注意してください。

 

スポンサーリン ク

 

 

私が釣ってくる魚の中で、一番おろしにくいのはマダイです。

 

50cmを超えると骨が硬いです。

 

また背びれなどのひれも尖っていてよくケガをします。

 

釣るのは大きい方がいいですが、おろすのは小さい方がいいです。

 

マダイ

 

案外簡単なのが、青物(ブリなど)やメダイです。

 

マダイと違って包丁がスイスイ進んでいきます。

 

マダイは皮も硬いので思いのほか、やりにくいです。

 

 

すぐには無理ですが、ゆくゆくは料理もできたらおもしろいかなと考えています。

 

本当に釣りは釣るだけでなく、作る、食べるも楽しめます。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「マダイ料理一覧

ホーム

魚のさばき方 その2 マダイ編関連ページ

魚のさばき方 その1 アジ編
ここでは釣ったアジのさばき方をご紹介しています。素人のさばき方ですが、簡単ですので参考にしてみてください。

 
ホーム サイトマップ