船釣りのエサを使った主な釣り方は3つある!

私が現在、京都府・福井県の船釣りで行っている釣り方をご紹介します。

 

  • 胴突き 
  • 天秤ふかせ
  • 完全ふかせ

 

の3つの方法があります。

 

他にも釣り方は、いろいろとあると思いますが、この3つの釣り方について説明させていただきます。

 

スポンサーリンク

胴付き仕掛けと釣り方【サビキ含む】

胴付き・サビキによる釣り方を学びましょう!

 

まずは下の図をご覧ください。

 

 

胴突き
胴突き

 

 

 

サビキ
サビキ

 

 

簡単に胴付き・サビキ仕掛けや釣り方の説明をさせていただきます。

 

胴付き・サビキ仕掛け

 

胴突き

 

特徴は何点かあります。

 

  1. 一番下におもりが付いている。
  2. 比較的短い枝に針が付いていて、針の数が5〜6本と多い。
  3. ロケットまたは網かごを付ける。

 

仕掛けは対象魚により、若干異なります。

 

釣りたい対象魚に合わせて仕掛け選びをしましょう。

 

初心者の方は、幹糸から針まで(枝部分)が短い方がおすすめです。

 

長いと絡みやすいですよ。

 

胴付き仕掛けは、必ずおもりから海に投入してください。

 

反対側から投入すると、仕掛けが絡まりますので注意しましょう。

 

胴付き仕掛けで釣れる魚

 

マダイ、ヒラマサ、ハマチ、メジロ、ブリ、カンパチ、アジ、サバ、メダイ、サワラ、アマダイ、チダイ、レンコダイ、イサキ、沖メバル、ガシラ、ソイ、マダラ、宗八カレイなど

 

 

サビキ

 

特徴は、胴付きと同じです。

 

  1. 一番下におもりが付いている。
  2. 比較的短い枝に針が付いていて、針の数が5〜6本と多い。(枝は胴付きよりさらに短いことが多い。)
  3. ロケットまたは網かごを付ける。

 

針には、サバ皮やハゲ皮などが付いているのものが多いです。

 

サビキ仕掛けは、幹糸から針まで(枝部分)が短いです。

 

胴付き仕掛け同様に、おもりから海に投入してください。

 

サビキ仕掛けで釣れる魚

 

マダイ、サバ、アジなど

 

スポンサーリンク

 

 

胴付き・サビキによる釣り方

 

胴付きによる釣り方ですが、基本は底まで沈め、糸のふけを取って竿を上下にしゃくりロケットのエサを撒きます。

 

そのままにして魚が当たるのを待ちます。

 

しばらくしても魚が当たらない場合は、仕掛けを回収し、エサの有無を確認します。

 

エサが無いようなら、最初より1mほど巻き上げた水深でエサを撒き、当たりを待ちます。

 

あとはその繰り返しです。

 

応用的に、誘ってやると魚の食いがよくなることもあります。

 

サビキの釣り方も、同じです。

 

 

<関連記事>

 

詳しくは実践編で対象魚ごとの釣り方を見てください。

 

マダイ・アジ・イサキを釣る!

 

ハマチ〜ブリ・ヒラマサ・メダイを釣る!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「天秤ふかせ編

ホーム