釣り車におすすめの車種と車中泊

釣りで使う車や車中泊についてはこちらの姉妹サイトをご覧ください!
釣り車におすすめの車種と車中泊

電動リール用バッテリーのおすすめ!容量は?

今船釣りの主流は、電動リールを使っての釣りです。

 

ルアー釣りなどでは、手巻きが多いかもしれません。

 

しかし、エサを使っての釣りの大半は電動リールです。

 

別に手巻きで釣っても構わないのですが、時間を効率的に使える点と便利さで、圧倒的に電動リールが支持されています。

 

 

電動リールを使用する場合、基本的には船の電源を使用します。

 

しかし、滅多にはありませんが、電源がない船もあります。

 

そんな時は電動リール用のバッテリーが必要です。

 

はじめて行く船は事前に確認しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

では、どんなバッテリーを選べばよいのでしょうか?

 

バッテリーを選ぶポイントについてご説明します。

 

バッテリーは大きく分けると2種類あります。

 

それぞれの特徴などを知ったうえで選ぶとよいでしょう。

 

 

バッテリー

 

バッテリー

 

この写真のバッテリーは、私が少し前に購入したバッテリーです。

 

バイクのバッテリーと同じくらいの大きさです。

 

真ん中ぐらいに白っぽく写っている2つの四角の部分があると思います。

 

この部分に電動リールのコードを取り付けます。

 

上がマイナスで下がプラスです。

 

これで電動リールの電源が入ります。

 

したがって、コードは常に外れないようにつないでおかなければなりません。

 

 

最近は安くて良いものがでてきました。  

 

大きさはそれほど大きくないのですが、持ち運ぶには少し重いです。

 

しかし、長時間使用してもまず電力不足になることはありません。

 

水深の深い棚で、重いおもりを使用して、何回も巻き上げを行う釣りに最適です。

 

どんな釣りにも、安心して使用できます。

 

また、どの電動リールにも使用できます。

 

価格は7,000円〜30,000円ぐらいです。

 

ブランドものは高いです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コードレスバッテリー

 

ダイワ スーパーリチウムbm2000

 

これはダイワ スーパーリチウムBM2000です。

 

かなり古いタイプになってしまいました。

 

どんどん新しいバッテリーが販売されていますからね。

 

 

コードレスバッテリーは、非常におすすめです。

 

まずコードを使用しないので、船の釣る席を変える時、魚がかかって少し動きたい時など場所の移動がスムーズに思いのままできます。

 

コードで足を引っ掛けることもなければ、誘って喰わせるときに邪魔になることもありません。

 

コードがないと非常に釣りやすいですよ。

 

ただ良いことばかりではありません。

 

重いおもり(例えば80号以上)を付けて、何度も仕掛けの上げ下げを行うと長持ちしません。

 

使用するおもりや回数など状況によってかなり違いますが、1回8時間の胴付きや天秤ふかせ釣りにおいては、最低でもバッテリー2個は必要だと思います。

 

完全ふかせの場合は、おもりが付いていないことと、1回流すと巻き上げるまでに時間がかかることから、1本でいける場合があります。

 

ほとんどの船に電源が付いてますので、万が一のためにコードを持って行っておけば安心です。

 

 

バッテリーによっては、使用できない電動リールがあります。

 

未対応の電動リールに対して、無理矢理使用すると、故障の原因になります。

 

念のため、確認してください。

 

持っていて損をするものではないと思います。

 

ただ絶対必要なものでもありません。

 

 

バッテリー(充電器付き)の価格は25,000円ぐらいします。

 

これに予備のバッテリー(充電器なし)(18,000円ぐらい)を用意しておくとベストです。

 

合計すると40,000円を超えます。

 

安い電動リールが買えてしまいます。

 

価格が高いので、無理をしないでください。

 

余裕があれば購入ぐらいでいいと思います。

 

 

 

 

バッテリーは購入しなくても大丈夫だと思います。

 

ほとんどの船には電源がありますので、バッテリーの付いている船を選べばよいのです。

 

あとは特に価格が高いので、無理をしないでください。

 

余裕があれば購入ぐらいでいいと思います。

 

特に価格が高いので、無理をしないでください。

 

余裕があれば購入ぐらいでいいと思います。

 

あとは購入するのかしないのか、どちらのバッテリーを選ぶのかは、ご自身で判断されればよいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「ライフジャケットの選び方!

ホーム