ナイフについて

ナイフについて

ナイフ

 

なぜ、魚釣りにナイフが必要なのかと思われている方がいるかもしれません。

 

それは、魚を締める時に使用するからです。

 

釣った魚は締めないとおいしくないです。

 

私が知っている締め方には3種類あります。

 

血抜きと神経締め、氷締めです。

 

その中の血抜きを行うのにナイフは必要です。

 

 

また、ブロックで購入したオキアミなどが早く解けるように小さく砕いたりする時などに使います。

 

冬場はエサがなかなか解けません。

 

このような時は、ナイフでエサのブロックをいくつかに割るだけで解けるスピードが変わります。

 

あまり細かく割ってしまうと、エサがボロボロになってしまうので注意が必要です。

 

どんなものでもよいので、用意しておいてください。

 

ナイフの価格は2,000円〜3,000円ぐらいです。

 

 

エサ オキアミ

 

このオキアミのブロックはだいぶ解けてきていますが、寒い時はなかなか解けないです。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「ネットについて

ホーム

ナイフについて関連ページ

仕掛けについて
仕掛けは釣り船や釣り具店で情報を入手し、最適な仕掛けを用意してください。対象魚や釣り方によって仕掛けが異なりますので、目的にあったものを購入してください。
おもりについて
おもりには重要な役割があります。対象魚のいる棚に仕掛けが流れて行くようにしたり、お祭りを防ぐのに非常に重宝します。
天秤について
天秤には金属タイプのものやパイプタイプのもの、形状記憶のものがあります。基本的にはどれでもよいですが、おすすめはパイプタイプのものです。
網かご・ロケットについて
網かごやロケットは撒き餌を撒くために使います。網かごやロケットには、いろいろな種類(網かご・ロケットなど)や大きさなどのタイプがあります。
クッションゴムについて
クッションゴムには太さや長さが異なるものがたくさんあります。今つれている対象魚の大きさなどで適切なクッションゴムを選んでください。
発泡ウキについて
発泡ウキは、完全ふかせ釣りで潮があまり流れていない時に、糸を流しやすくするために使います。発泡ウキには、いろいろな色や大きさのものがあります。
釣り針置きについて
釣り針置きには魚針用とイカ針用の2種類があります。釣り針置きがないと仕掛けが絡まってしまいます。海に落とさないための工夫もご紹介しています。
グローブについて
グローブは魚がかかった時の指切れ防止や根がかかりした時の手切れ防止、防寒対策として役立ちます。
ネットについて
ネットは凍ったオキアミのブロックを解かすのに使用します。特に冬場は、なかなか解けないので重宝します。
クッションについて
釣りに行くと必ずと言ってよいぐらいお尻が痛くなります。これを解消するためにクッションを使うとよいです。
ペンチについて
ペンチは釣りに必須のアイテムです。糸を切る時や釣れた魚が針を飲み込んだ時などに使います。
ラインカッターについて
ラインカッターは必ず必要なものではありませんが、あれば便利なものです。

 
ホーム サイトマップ