マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方

マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方

マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)の選び方

マダラ釣りと宗八カレイ釣りは同じ竿でOKです。

 

それは、両方の魚が同じようなところ(場所や水深)に生息しているためです。

 

水深が200mもあるので、150号以上のオモリを付けないといけません。

 

お祭り防止のため、釣り船によって決められていることが多いです。

 

私がよく行く釣り船では、だいたい150号を使うように指示されます。

 

 

マダラ釣りや宗八カレイ釣りには、中深海用の竿がよく使われます。

 

オモリ負荷が重要です。

 

釣りに行く船で、よく使う重さのオモリを基準に選ぶとよいです。

 

私は150号のオモリがメインなので、オモリ負荷が120号・150号あたりの竿を選んでいます。

 

仮に120号までしか範囲に入っていない竿でも、150号ぐらいは余裕で乗ります。

 

あとは、120号をかけた時に、どれくらい竿がしなるかで、150号でも問題ないかどうかの判断をしています。

 

これは、あくまで私の選び方です。

 

心配な人は、メーカーが謳っているオモリ負荷で選んでください。

 

 

これぐらいの重さのオモリが乗るということは、青物やメダイ、タルイカなどの大物が食ってきても概ね大丈夫です。

 

もちろん、イカ専用の竿など明らかに細い竿は難しいですが、それなりに太さがあって、しっかりしている竿は何でも使えます。

 

 

長さは、1.8〜2.5mぐらいが使いやすいです。

 

あまりにも長すぎると、扱いにくいです。

 

 

 

 

スポンサーリン ク

 

 

マダラ・宗八カレイ釣りのリールの選び方

リールも、マダラ釣りと宗八カレイ釣りでは同じものを使えます。

 

水深が深いので、電動リールをおすすめします。

 

乗合船で行くと、船長から指示があれば、すぐに仕掛けを巻き上げなければなりません。

 

手巻きでは、巻き上げるのに時間がかかってしまいます。

 

 

400〜500サイズがピッタリです。

 

PEの4〜6号が、最低300m巻けるものを選ぶとよいです。

 

 

 

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「私が所有する竿!

ホーム

マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方関連ページ

釣り具を揃える!
まず船釣りに行く前に必要な釣り具を揃えなければなりません。最初はすべて揃えるのにお金と時間がかかってしまいます。釣り具を揃えるのも釣りの1部だと思って楽しんでください。
おすすめの釣り具の購入方法!
私自身が現在も行っているおすすめの釣り具の購入方法をご紹介しています。これを知れば、損しなくなります。
竿(ロッド)の選び方!
釣り竿(ロッド)を選ぶ際のポイント(調子、対象魚、おもり負荷)を説明しています。また、対象魚ごとにどのような竿を使用すればよいのかなどを具体的に説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。完全ふかせや天秤ふかせ、胴付釣りによっても竿は変わってきます。ダイワ・シマノ製でおすすめの竿もご紹介しています。
マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
マイカ・スルメイカ釣りで使う竿(ロッド)の選び方をご紹介しています。置き竿・手持ちのどちらで釣るかによっても、用意する竿は変わってきます。
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。基本的に、どのような竿でも使えなくはありませんが、長く続けるのであれば、専用竿を購入した方がよいです。
私が所有する竿!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・ロッド(私の竿)をご紹介しています。おすすめの竿のタイプもご紹介しています。
電動リールの選び方!
電動リールを選ぶ際のポイントを説明しています。対象魚ごとの選ぶべきリールのサイズなどについても説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りなどの電動リールの選び方をご紹介しています。完全ふかせ・天秤ふかせ・胴突き釣りなど、釣り方によっても変わります。
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカのリール選び方
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方についてご紹介しています。リールのサイズはお好みで選べばよいです。
私が所有する電動リール!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・リール(私の電動リール)をご紹介しています。おすすめの電動リールのタイプもご紹介しています。
クーラーボックスの選び方!
クーラーボックスを選ぶ際のポイントを説明しています。容量や頑丈さ、保冷力でクーラーボックスを選ぶことが大切です。
バッグの選び方!
バッグを選ぶ際のポイントを説明しています。大きさや材質でバッグを選ぶことが大切です。
ロッドケースの選び方!
ロッドケースを選ぶ際のポイントを説明しています。竿の長さやリールを装着したまま収納できるかに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーの選び方!
ロッドホルダーを選ぶ際のポイントを説明しています。ロッドホルダーのメーカーやサイズに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーヘッドについて
ロッドホルダーヘッドは必ずいるものではありません。ロッドホルダーヘッドは竿をはさむネジが1個しかないので、竿の取り付けが早くて簡単です。
バッテリーの選び方!
バッテリーの選び方をご紹介しています。バッテリーには2種類があります。「バッテリー」と「コードレスバッテリー」です。この2つのバッテリーの特徴を把握した上で、選ぶと失敗が少ないです。
ライフジャケットの選び方!
ライフジャケットは命を守る大切なものです。ウエストベルトタイプとショルダーベストタイプの装着タイプで選ぶ方法及び自動膨張式と手動膨張式で選ぶ方法があります。
レインウェア・防寒ウェアの選び方!
レインウェア・防寒ウェアはどのようなものでも良いですが、軽くて撥水性が高く、着心地がよいものを選んでください。ウェアはダイワ製やシマノ製がおすすめです。
長靴の選び方!
長靴は基本的にホームセンターで売っているもので十分です。私が使用している長靴について説明しています。
帽子の選び方!
帽子は夏でも冬でも必要です。暑さを防いだり、雨が降った時にたいへん便利です。帽子はどのようなものでも構いませんが、風で飛ばされない対策が必要です。

 
ホーム サイトマップ