帽子(釣り用)の選び方

帽子(釣り用)の選び方

帽子

 

夏は当然なのですが、冬でも帽子は必要です。

 

なぜかと言いますと、雨でレインウェアを着た時や寒さを防ぐため防寒着を着た時に付属のフードを被ってしまうと、フードが垂れ下がってきて前が見にくくなってしまうことがあります。

 

帽子を被っていると、つばでフードの垂れ下がりを防いでくれるので、前が見にくくなることがありません。

 

非常にありがたみを感じます。

 

 

帽子は風で飛ばされることが多いので、しっかりと対策を講じてください。

 

一度も船釣りをしたことがない方は、風で帽子が飛ぶわけがないと思われるかもしれません。

 

確かに船が止まっている時は、よほど強い風が吹かない限り、飛ばされることはありません。

 

問題は、止まっていた船がポイントの変更などで動き出した時です。

 

帽子の方に意識があれば飛ばされないように手で押さえたりしますが、竿や仕掛けなどが気になって帽子の方に意識がなければ飛ばされることがあります。

 

私は飛ばされたことはありませんが、一緒に行くメンバーが飛ばされたのを何度も見ています。

 

 

以前は帽子にひもが付いていて、あごの下の部分に引っ掛けておくと、風が吹いても帽子が飛ばされることはありませんでした。

 

最近はそのような帽子はあまり売っていませんし、見た目がおしゃれとは言い難いです。

 

下の写真のようなクリップを取り付ければよいです。

 

百均で売っています。

 

帽子 クリップ 

 

これならひも付きではない帽子なのでかっこういいですし、風で飛ばされることはありません。

 

おすすめです。

 

 

釣り用のものでなければ、比較的安く購入できます。

 

しかし、釣り用のものは結構高めです。

 

帽子自体は特にどんなものでもOKです。

 

後は、好みできめればよいです 。

 

夏なら麦藁帽子でもよいですよ(笑)

 

Amazonでおすすめの帽子は?

 

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「仕掛けについて

ホーム


 
ホーム サイトマップ