釣り車におすすめの車種と車中泊

釣りで使う車や車中泊についてはこちらの姉妹サイトをご覧ください!
釣り車におすすめの車種と車中泊

釣り具(小物)を揃える!記事一覧

仕掛けの良し悪しが、釣果に大きな影響を与えることが多いです。仕掛けのハリスの太さや針の大きさなど。仕掛けは釣具店で売っています。釣り船や釣り具店で仕掛けの情報を入手し、最適な仕掛けを購入するようにしなければなりません。対象魚や釣り方によって仕掛けが異なりますので、目的にあったものを購入してください。 初心者の方は、釣り船にどのような仕掛けがよいのか、確認するのがベストです。慣れてくれば、釣り具店で...

非常に地味な釣り具ですが、とても重要です。おもりの役割として、次のものが挙げられます。対象魚のいる棚に仕掛けが流れて行くようする!海には潮が流れています。たまに止まっていることがありますが・・・潮が流れていると、どうしても対象魚がいるポイントの棚に仕掛けが流れていかない時があります。棚とは対象魚が泳いでいる層だと思ってください。もっと簡単に言うと、魚がいる深さのことです。狙っているポイントの棚に...

天秤ふかせ釣りに使うものです。金属タイプのもの(上の写真)と、中にクッションゴムが入ったパイプタイプのもの(下の写真)があります。その他には形状記憶の金属性のものがあります。形状記憶なので丸めて持ち運べるので便利です。以前、釣りに行った釣り船の船長に、マダイ釣りにはパイプタイプのものがよいと教えてもらいました。中にクッションゴムが入っているのがよいようです。それからは、マダイや青物の天秤ふかせ釣...

網かご(上の写真)やロケット(下の写真)は撒く餌を入れ、海中で竿を上下に振って、中のエサをバラまき、魚を集めるために使います。この撒き餌がきっちり行えているかで釣果が大きく変わることがあります。船長から指示された棚で粘り強く、撒かないと効果があまりありません。棚とは、対象魚がいる層のことです。指示された棚で、エサを継続して撒かないとマダイなどは集まってきません。そこで必要になる釣り具が網か...

クッションゴムは魚がかかった時に、仕掛けが切れないようにするために使うものです。 ゴムでできているので、引っ張るとかなり伸びます。このクッションゴムが伸びることによって仕掛けが切れにくくなります。魚がかかっても切れない太い仕掛けを使えばいいように思われるかもしれませんが、太い仕掛けは魚が違和感を感じ、食ってくれない時があります。そんな時は、細い仕掛けにクッションゴムを組み合わせて釣るのです。細い...

発泡ウキは、カラフルな発泡スチロール製のウキです。完全ふかせ釣りでは、潮があまり流れていない時に、糸を流しやすくするために使います。潮の流れが弱いと全然糸が流れていきません。こんな時は発泡ウキが効力を発揮します。潮の流れによって、発泡ウキの大きさを選択します。 写真のように、いろいろな大きさの発泡ウキが市販されています。ウキの大きさが異なると、浮力が変わります。当然、仕掛けの流れ方も変わります。潮...

この写真は、魚釣り用の仕掛けの釣り針をくっつけておくものです。 真ん中の茶色い部分がマグネットになっています。これがないと仕掛けを上げた時、風などでグチャグチャになってしまいます。特に胴付き仕掛けは針の数が多いので、仕掛けが絡まらず便利です。 この写真は、イカのスッテをひっかけておくものです。 緑の部分は、食器洗い用のスポンジのような材質に似ています。イカの針は魚釣り用の針と違って、もどしが付...

メジロ(ワラサ)などの青物を引き上げる時に、グローブをしていると切り傷防止になります。仕掛けを手で持っていて魚が暴れると指が痛いですよ。青物は仕掛けを手に持って手繰り寄せる時に、グッと走り出すことが多いです。素手だと指に糸が食い込み切れてしまいます。今までに何度経験したかわかりません。あと役に立つと感じるのは、根がかりをしてどうしようもなくなった時です。このような時は、無理矢理引っ張って回収しなけ...

なぜ、魚釣りにナイフが必要なのかと思われている方がいるかもしれません。それは、魚を締める時に使用するからです。釣った魚は締めないとおいしくないです。私が知っている締め方には3種類あります。血抜きと神経締め、氷締めです。その中の血抜きを行うのにナイフは必要です。また、ブロックで購入したオキアミなどが早く解けるように小さく砕いたりする時などに使います。 冬場はエサがなかなか解けません。このような時...

ひもの付いたネットです。市販されているものではひもが短いので、自分で足して長くしました。ひもが短いと海に浮かべて使うことができません。と言うのも、知っておられる方も多いと思いますが、これは凍ったオキアミを溶かすのに使うからです。このようなオキアミの凍ったブロックを入れて使います。写真のオキアミは、程よく解けていますのでネットの出番はなさそうですが・・・。船から海にオキアミを入れたネットを浮かべてお...

釣りに行くと必ずと言ってよいぐらいお尻が痛くなります。お尻が痛くなるのは、ほとんどの船にイスが付いていないからです。自分で船にイスを設置している船長がいますが、ごくまれです。では何に座るのかと言いますと、クーラーボックスに座るのです。したがって、クーラーボックスには魚を入れるだけではなく、座るという重要な役目があるのです。クーラーボックスを購入する時は、フタ部分がしっかりとした頑丈なものを選んでく...

ペンチは釣りに必須のアイテムです。糸を切る時や釣れた魚が針を飲み込んだ時などに使います。糸を切るのははさみでもできますが、一般的にはペンチの方が切りやすいです。ペンチの必要性をもっとも感じるのは、魚の口にかかった針や飲み込んだ針を外す時です。口にかかっていても、素手ではなかなか外れません。ましてや飲み込んでいる時は指が針まで届きませんので、素手ではお手上げです。青物の口には指を入れても大丈夫で...

ライフジャケットなどに取りつけておくと、必要な時に伸ばしてラインをカットすることができます。ハサミなどをバッグからわざわざ出すのは面倒なので、あるとたいへん便利ですよ。絶対必要なものではありませんので、ご検討いただければよいかと思います。ラインカッターの価格は1,000円ぐらいです。シマノ カラビナリールCR ラインカッター付 Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピングスポンサーリンク  ...