マイカ・スルメイカ編

マイカ・スルメイカの釣り方・仕掛けとは!

マイカ・スルメイカの釣り方を学びましょう!

 

マイカ・スルメイカ釣りには、大きく分けて2つの釣り方があります。

 

竿釣り」と「手釣り」です。

 

まずは下の図をご覧ください。

 

マイカ仕掛け

 

マイカ仕掛け

 

 

マイカ仕掛け

 

手釣り イカ仕掛け

 

 

「竿釣り」と「手釣り」の違い

 

「竿釣り」と「手釣り」の違いには、いくつかあります。

 

仕掛けは、竿釣りも手釣りも同じです。

 

ではそれぞれの特徴をご紹介します。

 

 

竿釣り

 

・手で釣るわけではありませんので、巻き上げが楽です。

 

・重いおもりを使用しても手が痛くなりません。

 

・当たりを目で確認できます。(竿先を見る)

 

・リールで誘いをかけることができます。(シャクリモード)

 

・竿をしゃくると大きな誘いをかけられます。

 

・電動リールで巻き上げるとマイカの足が切れやすいです。

 

・手返しが遅いです。

 

 

手釣り

 

・棚の深さにも寄りますが、巻き上げがつらいです。

 

・重いおもりを使用すると手が痛いし、当たりもわかりにくいです。

 

・当たりを手の感覚で確認できます。(イカがスッテに触ってもわかります。)

 

・手で巻き上げるとマイカの引きに合わせて調整できるので、足切れしにくいです。

 

・手返しが早いです。

 

 

最近は竿釣りばかりやっていました。

 

その時の状況によって使い分けてもいいなと考えています。

 

例えば、棚の深さ、おもりの重さで決める方法です。

 

どちらの釣り方にも一長一短があります。

 

個人的には手釣りの方が、当たりがわかりやすいし、手返しが早いので好きです。

 

 

昔はおもりが30〜40号で軽かったのでよく手で釣っていましたが、10年ほど前からおもりが70〜80号になってしまって竿釣りに変えました。

 

特に決まりはありませんので、自分の好きな釣り方をされれば良いと思います。

 

イカ

 

今は「竿釣り」が主流なので、「竿釣り」の仕掛けや釣り方について説明させていただきます。

 

簡単にマイカ・スルメイカ釣りの仕掛けや釣り方について説明させていただきます。

 

スポンサーリン ク

 

 

マイカ・スルメイカ釣りの仕掛け

 

マイカとスルメイカの仕掛けの違いについてです。

 

マイカ釣りとスルメイカ釣りの仕掛けに違いはありません。

 

一番大きな違いは、スルメイカ釣りには水中ライトを使用することです。

 

ライトの色は好みですが、緑色か青色がよいようです。

 

もちろん、LEDライトです。

 

使用するイカヅノにも若干違いがありますが、ほとんど共通で使えます。

 

プラヅノは主にスルメイカ釣りに使用します。

 

プラヅノ
             (プラヅノ仕掛け)

 

仕掛けは胴突き仕掛けとほとんど同じで、釣針の代わりにイカヅノが付いているだけです。

 

釣り方は、船長に指示された棚を竿を上下にしゃくりながら誘ったり、ゆっくりと巻き上げたりなどして釣ります。

 

毎回同じ誘いで釣れるわけではありませんので、いろいろと試して一番乗りのいいものを見つけます。

 

 


<関連記事>

 

詳しくは実践編で対象魚ごとの釣り方を見てください。

 

マイカ・スルメイカを釣る!

 

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「イカダイ(イカ鯛)編

ホーム

マイカ・スルメイカ編関連ページ

胴突き・サビキ編
基本的な釣り方には胴突き(サビキ)や天秤ふかせ、完全ふかせがあります。胴突き・サビキ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。
天秤ふかせ編
天秤ふかせ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。
完全ふかせ編
完全ふかせ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。
イカダイ(イカ鯛)編
生きたイカで真鯛を釣るイカダイ(イカ鯛)の仕掛けや釣り方について説明しています。釣れる真鯛が大きいのが特徴です。
タルイカ編
タルイカ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。

 
ホーム サイトマップ