ロッドケースの選び方!

ロッドケースの選び方!

ロッドケース

 

ロッドケース

 

 

ロッドケースは、竿を保護して運ぶために使用します。

 

ロッドケースを選ぶ主なポイントは次のとおりです。

 

 

竿の長さで選ぶ!

 

竿を入れるのが目的のものなので、これが一番重要です。

 

竿が入らないのでは意味がありませんよね。

 

長い竿になると仕舞い寸法が160cmほどになるものもあります。

 

昔は3本継ぎの竿が多かったのですが、少し前から2本継ぎが多くなってきました。

 

その関係もあってか、仕舞い寸法も長くなってしまいました。

 

自分の持っている竿、これから買おうとしている竿の仕舞い寸法を確認してから購入すると間違いがありません。

 

 

 

リールを竿に装着したまま収納できるのか、できないのかで選ぶ!

 

竿にリールを装着して収納できるタイプ(上の写真)と竿にリールを装着して収納できないタイプ(下の写真)があります。

 

特にどちらでも構いません。

 

船の上で竿のガイドにリールの糸を通すのが嫌だと言う人は、竿にリールを装着して収納できるタイプを選ばれればよいと思います。

 

 

 

竿にリールを装着して収納できるタイプは長い竿を収納できません。

 

少なくても私は見たことがありません。

 

ある程度の長さまでは入りますが、最近流行の仕舞い寸法が長い竿は収納できない場合があります。

 

この点に注意して竿とロッドケースの購入に役立ててください。

 

メーカーは特に気にしなくてもよいです。

 

価格は3,000円〜10,000円ほどです。

 

ご参考までに。

 

Amazonランキングで人気のロッドケースは?

 

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「ロッドホルダーの選び方!

ホーム


 
ホーム サイトマップ