船釣り 実践編記事一覧

どの釣り座がよいのかと言えば、それは難しいです。質問が漠然としているからです。つまり、”魚がよく釣れる釣り座を言っているのか”あるいは”釣りやすい釣り座を言っているのか”、”船酔いしにくい釣り座を言っているのか”がはっきりしないからです。1つずつ説明させていただく前に、船の釣り座について知っておくべきことがあります。はじめに、下の図をご覧ください。                      図1 ...

”釣りりやすい釣り座”が必ずしも、”釣れる可能性が高い釣り座”とは限りません。気象条件などから判断して釣りやすいというだけです。ただ、釣りやすいという利点を活かして釣果アップは狙えると思います。まず、下の図をご覧ください。このような日に釣りに行ったとします。どこの釣り座が釣りやすいでしょうか?潮の流れで判断!→ → → の順でおすすめです。船から仕掛けが遠ざかって行きますので、釣りやすいです。...

マダイ・アジ・イサキの釣り方には、次の3種類の方法があります。胴付き・サビキ釣り天秤ふかせ釣り完全ふかせ釣り                                          それぞれの釣り方について、説明させていただきますので参考にしてください。なお、マダイ・アジ・イサキの釣り方はほとんど同じなのでマダイについて説明します。スポンサーリンク

天秤ふかせ釣りの釣り方について説明させていただきます。天秤からの仕掛けがふわふわと潮に漂うようになるため、大型魚が掛かりやすいです。棚が合えば連続で釣れる可能性が高くなりますので、必ず釣れたら水深をチェックしてください。しかし、棚を合わせるのは少し難しいです。棚合せのポイントは、エサが全部取られたら1m上げ、エサがすべて残っていればそのままか、1m下げます。上針のエサが残り、下針のエサが取られるぐ...

完全ふかせ釣りの釣り方について説明させていただきます。完全ふかせ釣りは、エサと針、糸以外には何も付いていません。ただ、サルカンやオモリを付けることがあります。仕掛けを潮の流れに乗せて流し、魚に違和感を感じさせないためです。仕掛けを海に投入する時は、まず撒き餌を何回かし、一番下の針を海に入れ、順に潮の流れに乗せて仕掛けを送り出していきます。潮がよほど流れていない限り、最初のうちはリールから糸が出てい...

ここでは、イカダイの釣りの釣り方について説明させていただきます。まずは、エサとなるスルメイカを釣ります。マイカでもよいです。10匹ほど、エサ用として釣っておきましょう。釣れたら、イカダイに挑戦しましょう。エサとなるイカをしっかりと針に刺します。仕掛けを投入し、底まで沈めます。底にオモリが付くと、まず糸ふけを取ります。必ず底にオモリを付けた状態にしておきましょう。竿先は軽く曲がる程度で、当たりを待ち...

ハマチ〜ブリ・ヒラマサ・メダイの釣り方には、次の3種類の方法があります。胴付き釣り天秤ふかせ釣り完全ふかせ釣り                               それぞれの釣り方について、説明させていただきますので参考にしてください。なお、ハマチ〜ブリ・ヒラマサを総称して”青物”とさせていただきます。青物の釣り方は、すべて同じです。ハマチは出世魚です。ツバス(40cm未満)→ハマチ(40...

天秤ふかせ釣りの釣り方について説明させていただきます。最近は、青物は夜釣りで胴突き釣り、メダイは昼釣りで天秤ふかせ釣りというイメージが強いです。青物の夜釣りでの天秤ふかせ釣りは聞いたことがありません。青物もメダイも胴突きで釣るよりも、天秤ふかせで釣った方が大物がよく釣れます。青物もメダイも、80cm以上になるとかなり強烈な引きになります。中には1mを超える大物もいます。10号のハリスでも、切られて...

完全ふかせ釣りの釣り方について説明させていただきます。青物を完全ふかせで釣ることはありますが、メダイの完全ふかせ釣りは聞いたことがありません。メダイは、撒き餌が勢いよく出た瞬間によく食う魚なので、ふかせのようにかごもロケットも付けない釣り方は合っていないように感じます。釣り方は基本的に、マダイの完全ふかせ釣りと同じです。完全ふかせ仕掛けは、基本的にはエサと針、糸以外には何も付いていません。仕掛けを...

日本海(宮津)では、夏のマダラ釣りが人気です。この時期のマダラは、本当においしいです。1mを超える大物が釣れることもあります。マダラは、水深200mほどもある深海にいる魚です。オモリ150号を使わなければなりません。そのため、竿やリール、ラインなどはかなりの大物仕掛けになります。マダラは鋭い歯を持っていますので、口には指を入れないでください。スポンサーリンク

宗八カレイは、夏に釣れます。体長は45cm前後になります。エテカレイとも呼ばれています。宗八カレイは、水深200mという深海で釣れます。しかも、オモリは150号と非常に大きいです。そのため、釣具(竿やリール、ラインなど)は全体的大きくなります。スポンサーリンク

マイカやスルメイカの釣り方について説明させていただきます。釣り方は青物やメダイの胴突き釣りに似ています。マイカ・スルメイカは、底から中層までどこにいるのかわかりません。船長から指示された棚を中心に、幅広く探ってください。1匹釣れたら、その棚を中心に釣りを行ってください。しかし、数が少ない時は同じ棚で続けても釣れません。その場合は、底から中層まで探るしかありません。マイカやスルメイカ釣りは、基本的に...

タルイカの釣り方について説明させていただきます。その前にタルイカをご存知でしょうか?釣りに行かない方は聞いたことがないかもしれません。マイカやスルメイカとは大きさが違います。大きいものは1m近いです。マイカやスルメイカを1mぐらいにしたと思ってください。当然、姿かたちは全然違いますが・・・。そんなイカを釣るのですから、タルイカが仕掛けにかかるとすさまじい引きです。青物の大物にも負けません。タルイカ...