仕掛けは釣具の中でもっとも重要!自作してもよい

仕掛け,船釣り,釣り具,自作

 

仕掛けの良し悪しが、釣果に大きな影響を与えることが多いです。

 

仕掛けのハリスの太さや針の大きさなど。

 

仕掛けは釣具店で売っています。

 

釣り船や釣り具店で仕掛けの情報を入手し、最適な仕掛けを購入するようにしなければなりません。

 

対象魚や釣り方によって仕掛けが異なりますので、目的にあったものを購入してください。

 

 

初心者の方は、釣り船にどのような仕掛けがよいのか、確認するのがベストです。

 

慣れてくれば、釣り具店で他に良さそうな仕掛けを探したり、作ってみてもよいと思います。

 

仕掛けを自作すると、ハリスの太さや針の大きさ・数、仕掛けの全長、枝の長さなど自由にできます。

 

これは大きなメリットです。

 

しかし、作るのが面倒です。

 

私は、完全ふかせの仕掛けとイカ釣りの仕掛けは自分で作るようにしています。

 

胴付きの仕掛けは針の数が多いなどの理由で購入しています。

 

それぞれの考えでやってみるとよいでしょう。

 

市販の仕掛けでも十分釣れますので、忙しい方は購入でよいと思います。

 

仕掛け

 

 

それより大切なのが、仕掛けをできるだけたくさん用意しておくことです。

 

船釣りにおいては、船が風で振ってしまい、隣の人の仕掛けと祭ってしまう(絡まってしまう)ことがよくあります。

 

針が多い胴付きは、交換するしかないという状態になってしまうことが多いです。

 

このようなことが頻繁に続くと、すぐに仕掛けがなくなってしまいます。

 

仕掛けがなくなると釣りができません。

 

最低でも仕掛けを5セットは持って行くようにしてください。

 

何が起こるかわかりませんので・・・。

 

仕掛けは購入すると500円〜1,000円ぐらいします。

 

どのような仕掛けを購入するのかで、価格は全然異なります。

 

 

完全ふかせ釣りや天秤ふかせ釣りで、以前こればかり使っていました。

 

最近は、仕掛けを自作するようになってあまり購入しなくなりました。

 

おすすめの仕掛けの1つです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「おもりについて

ホーム