電動リールの選び方!

電動リールの選び方!

リールには大きくわけると次のような種類があります。

  • 電動リール 
  • 手動リール

 

電動リール 手動リール

シーボーグ500ft

(シーボーグ500FT)

 

 

船の電源や携帯用バッテリーを使用することにより、自動で糸を巻き上げることができるリー ルです。

 

現在のエサ釣りでは、電動リールが主流となっています。

 

スピニングリール

 

 

 

手動で糸を巻き上げるリールです。

 

マダイや青物のエサ釣りには、あまり使用されていません。

 

ルアー釣りに多いです。

 

おすすめは電動リールです。

 

ただ手で巻くのが面倒くさい、疲れるというだけでなく、手返しを早くするためにはどうしても必要だと思います。

 

したがって、今回は電動リールについての説明のみとさせていただきます。

 

スポンサーリン ク

 

 

電動リールの大きさは?

 

電動リールにはさまざまな大きさがあります。

 

対象魚や釣り方によって使い分けるのがよいと思います。

 

 

メーカーはダイワ(DAIWA)とシマノ(SHIMANO)が無難だと思います。

 

それぞれのメーカーにより、リールの大きさの表示方法が異なります。

 

私は自分が実際に使用していることもあり、ダイワのシーボーグを最もおすすめします。

 

ダイワ(DAIWA)

  • ハイパータナコン
  • レオブリッツ
  • シーボーグ

などの人気商品があります。

 

シーボーグが一番高いです。

 

また、それぞれに300サイズ、400サイズ、500サイズなどの異なる大きさのリールがあります。

 

リールの大きさが異なると巻ける糸の長さや巻き上げのパワーが違います。

 

このサイトでご紹介している対象魚でしたら、300サイズから500サイズのリールがベストです。

 

下の一覧表は、私が現在使用してる対象魚に対するリールのサイズです。

 

私の個人的な感想です。

 

これ以外のリールのサイズを使用しても、問題ないかもしれません。

 

マダイ

シーボーグ500ft

  • 300サイズ 胴突き、天秤ふかせ
  • 400サイズ 胴突き、天秤ふかせ
  • 500サイズ 完全ふかせ

 

←シーボーグ500FT

 

 

300サイズ・400サイズのリールにPE4号を巻きます。

 

リールが比較的小さく軽いので、手持ちで誘うのが本当に楽です。

 

500サイズはフロロカーボン6号をちょうど300m巻けます。

 

完全ふかせ釣りに使います。

 

アジ・イサキ

船釣り,仕掛け,竿,釣り情報,釣り具

  • 300サイズ 胴突き、天秤ふかせ
  • 400サイズ 胴突き、天秤ふかせ
  • 500サイズ 完全ふかせ

 

←シーボーグ300FBe

 

300サイズ・400サイズのリールにPE4号を巻きます。

 

リールが比較的小さく軽いので、手持ちで誘ったり、小さな当たりにも素早く合わせることができます。

 

500サイズはフロロカーボン6号をちょうど300m巻けます。

 

完全ふかせ釣りに使います。

 

ハマチ〜ブリ、ヒラマサ

船釣り,仕掛け,竿,釣り情報,釣り具

  • 300サイズ 胴突き、天秤ふかせ 
  • 400サイズ 胴突き、天秤ふかせ
  • 500サイズ 胴突き、天秤ふかせ、完全ふかせ         

←シーボーグ500FT

 

 

300サイズ・400サイズのリールにPE4号を巻きます。

 

リールが比較的小さく軽いので、楽に手持ちで誘うことができます。

 

小中型の青物釣りに最適です。

 

500サイズはフロロカーボン6号を300m巻き、ふかせ釣りに使います。

 

また、もう1つの500サイズのリールにPE6号を巻いて、大型の青物釣りや夜のハマチの数釣りにしようします。

 

メダイ

船釣り,仕掛け,竿,釣り情報,釣り具

  • 300サイズ 使用していません。
  • 400サイズ 使用していません。
  • 500サイズ 胴突き、天秤ふかせ

 

←シーボーグ500Fe

 

 

500サイズのリールにPE6号を巻いて、大型のメダイ釣りに使用します。

 

小中型のメダイであれば、PE4号が巻かれた300サイズ・400サイズのリールで十分です。

 

マイカ・スルメイカ

船釣り,仕掛け,竿,釣り情報,釣り具

  • 300サイズ 使用しています。
  • 400サイズ 使用しています。
  • 500サイズ 使用していません。

 

←シーボーグ300FBe

 

 

イカ釣りは、頻繁に誘いをかけなければ釣れないことが多いので、できるだけ小さなリールがベストです。

 

理想はPE4号が巻かれた300サイズ・400サイズです。

 

タルイカ

船釣り,仕掛け,竿,釣り情報,釣り具

  • 300サイズ 使用していません。
  • 400サイズ 使用していません。
  • 500サイズ 使用しています。

 

←シーボーグ500Fe

 

 

500サイズのリールにPE6号を巻いて使用します。

 

大型のタルイカは特にパワーがけた外れです。

 

細いPEは切れてしまいます。

 

対象魚は大物を想定しています。 ちなみに、私はダイワのリールしか使用していません。 デザイン性や操作性などから、ダイワのリールが気に入っているためです。
シマノ(SHIMANO) シマノと言えば電動丸です。 電動丸には、600サイズ、1000サイズ、3000サイズなどの異なる大きさのリールがあります。 リールの大きさが異なると巻ける糸の長さや巻き上げのパワーが違います。 このサイトでご紹介している対象魚でしたら、電動丸600、1000、3000がベストです。
600サイズ 1000サイズ 3000サイズ

 PEを巻いてマダイや青物(小中型)などの胴付き、天秤ふかせ釣りに使用するのがよいです。

 

あとマイカやスルメイカ釣りにも使えそうです。

PEを巻いてマダイや青物(小中型)などの胴付き、天秤ふかせ釣りに使用するのがよいです。

フロロカーボンの6号300mを巻いてマダイなどの完全ふかせ釣りに最適だと思います。

 

また、PEを巻いて青物(大型)やタルイカ釣りに使用するのがよいですね。

 

私は、実際には電動丸を使用していません。

 

シマノの電動丸が、ダイワのリールより劣っているわけではないと思いますよ。

 

要は好みの問題だと思います。

 

参考にしてみてください。

 

スポンサーリン ク

 

 

電動リールに必要な機能が備わっているか?

 

完全ふかせ釣りに使うリールは、滑らかに糸送りができないといけません。

 

滑らかに糸が出ていくか、いかないかで大きく釣果に影響します。

 

なので、必ず完全ふかせ釣りに対応したリールを購入してください。

 

 

リールによっては、ボールベアリングの数が異なり、ガタつきなく、スムーズに巻きあげられるものがあります。

 

また、巻き上げスピードが速く、パワーがあるリールもあります。

 

対象魚によっては、パワーの大きいものが必要なので、事前に確認してください。

 

船釣り,仕掛け,竿,釣り情報,釣り具

必ず必要な機能ではありませんが、完全ふかせ釣りで魚の当たりを感知すると自動でクラッチをONにし、バックラッシュを防ぐものもあります。

 

機能によって、価格が大きく変わります。

 

電動リールも竿と同じで、だんだん良いものが欲しくなると思います。

 

非常に高価なものなので、ご自身の予算にあったものを購入するようにしてください。

 

対象魚や釣り方による電動リールなどの選び方

 

真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方

 

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方

ホーム

電動リールの選び方!関連ページ

釣り具を揃える!
まず船釣りに行く前に必要な釣り具を揃えなければなりません。最初はすべて揃えるのにお金と時間がかかってしまいます。釣り具を揃えるのも釣りの1部だと思って楽しんでください。
おすすめの釣り具の購入方法!
私自身が現在も行っているおすすめの釣り具の購入方法をご紹介しています。これを知れば、損しなくなります。
竿(ロッド)の選び方!
釣り竿(ロッド)を選ぶ際のポイント(調子、対象魚、おもり負荷)を説明しています。また、対象魚ごとにどのような竿を使用すればよいのかなどを具体的に説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。完全ふかせや天秤ふかせ、胴付釣りによっても竿は変わってきます。ダイワ・シマノ製でおすすめの竿もご紹介しています。
マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
マイカ・スルメイカ釣りで使う竿(ロッド)の選び方をご紹介しています。置き竿・手持ちのどちらで釣るかによっても、用意する竿は変わってきます。
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。基本的に、どのような竿でも使えなくはありませんが、長く続けるのであれば、専用竿を購入した方がよいです。
私が所有する竿!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・ロッド(私の竿)をご紹介しています。おすすめの竿のタイプもご紹介しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りなどの電動リールの選び方をご紹介しています。完全ふかせ・天秤ふかせ・胴突き釣りなど、釣り方によっても変わります。
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカのリール選び方
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方についてご紹介しています。リールのサイズはお好みで選べばよいです。
私が所有する電動リール!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・リール(私の電動リール)をご紹介しています。おすすめの電動リールのタイプもご紹介しています。
クーラーボックスの選び方!
クーラーボックスを選ぶ際のポイントを説明しています。容量や頑丈さ、保冷力でクーラーボックスを選ぶことが大切です。
バッグの選び方!
バッグを選ぶ際のポイントを説明しています。大きさや材質でバッグを選ぶことが大切です。
ロッドケースの選び方!
ロッドケースを選ぶ際のポイントを説明しています。竿の長さやリールを装着したまま収納できるかに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーの選び方!
ロッドホルダーを選ぶ際のポイントを説明しています。ロッドホルダーのメーカーやサイズに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーヘッドについて
ロッドホルダーヘッドは必ずいるものではありません。ロッドホルダーヘッドは竿をはさむネジが1個しかないので、竿の取り付けが早くて簡単です。
バッテリーの選び方!
バッテリーの選び方をご紹介しています。バッテリーには2種類があります。「バッテリー」と「コードレスバッテリー」です。この2つのバッテリーの特徴を把握した上で、選ぶと失敗が少ないです。
ライフジャケットの選び方!
ライフジャケットは命を守る大切なものです。ウエストベルトタイプとショルダーベストタイプの装着タイプで選ぶ方法及び自動膨張式と手動膨張式で選ぶ方法があります。
レインウェア・防寒ウェアの選び方!
レインウェア・防寒ウェアはどのようなものでも良いですが、軽くて撥水性が高く、着心地がよいものを選んでください。ウェアはダイワ製やシマノ製がおすすめです。
長靴の選び方!
長靴は基本的にホームセンターで売っているもので十分です。私が使用している長靴について説明しています。
帽子の選び方!
帽子は夏でも冬でも必要です。暑さを防いだり、雨が降った時にたいへん便利です。帽子はどのようなものでも構いませんが、風で飛ばされない対策が必要です。

 
ホーム サイトマップ