太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方

太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方

太刀魚(タチウオ)・マイカ・スルメイカ釣りには、よく電動リールが使われます。

 

もちろん、手巻きのリールを使っても問題はありません。

 

ただ、その分手返しが遅くなってしまいますので、釣果にひびくかもしれません。

 

鉛スッテやエギングで、マイカやスルメイカを釣るのなら、手巻きのリールの方がよいこともあります。

 

 

タコ釣りは、電動リールよりも、手巻きリールの方がよく使われているように感じます。

 

水深がそれほど深くないので、手巻きリールでも十分です。

 

スポンサーリン ク

 

 

太刀魚・マイカ・スルメイカ釣りの電動リールの選び方

 

太刀魚・マイカ・スルメイカ釣りには、ダイワの500サイズぐらいまでのリールなら問題なく使えます。

 

ただ、手持ちで誘って釣るのなら、できだけコンパクトなリールの方が疲れず、快適に釣りを楽しめます。

 

 

置き竿で釣るのなら、300サイズから500サイズまでがよいと思います。

 

少々大きくても置き竿ですので、何の問題もありません。

 

 

手持ちで釣るのなら、200サイズから300サイズがおすすめです。

 

私は300サイズを使っていますが、もう少し小さくてもよいのではと考えています。

 

ただ、サイズを小さくすると、当然糸巻量も少なくなってしまいます。

 

特に、太刀魚釣りでは、鋭い歯で糸が切られてしまう恐れがありますので、できるだけたくさん巻けるタイプのリールの方がよいです。

 

太刀魚釣りなら、個人的には300サイズの方がよいかもしれません。

 

 

シーボーグ 300Jと言いたいところですが、予算オーバーと言う人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

購入できる人はシーボーグの方がよいと思いますが、無理をして高いリールを購入する必要はありません。

 

レオブリッツ 300Jで十分だと思います。

 

 

詳しくは、「太刀魚(タチウオ)釣り 船テンヤ・ワインド釣法等 仕掛け・釣り方」を!

 

 

マイカやスルメイカ釣りがメインと言う人には、200サイズをおすすめします。

 

200サイズには、シーボーグ200Jしかありません。

 

 

 

少しでも安くあげたいのであれば、150サイズのレオブリッツ 150J、あるいは300サイズのレオブリッツ 300J」(上を参照)でもよいと思います。

 

価格的には、それほど大きくは変わりませんが。

 

 

詳しくは、「イカ釣り 鉛スッテ・ティップランエギング・浮きスッテの船仕掛けなど」を!

 

 

どのような釣り方をするのか、予算はいくらまでなのかなど、いろいろと考えてから購入してください。

 

焦って購入すると失敗します。

 

 

タコ釣りのリールの選び方

 

基本的には、タコ釣りに電動リールは必要ありません。

 

水深が浅いので、手巻きで十分です。

 

それに、タコが底にへばり付いた時は強引に引きはがすしかありませんので、電動リールでは故障するのではと気が気ではありません。

 

本当にどのようなリールでもよいのですが、私の経験からは両軸リールの方が使いやすいです。

 

それと、ややサイズは大きめのリールの方がよいです。

 

小さいと、重いタコを巻き上げるのに大変です。

 

とにかく手に持ってみて、巻き上げやすそうなものを選んでください。

 

 

 

 

詳しくは、「タコ釣り 明石の船・防波堤仕掛け&ロッド・リールなど」を!

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「私が所有する電動リール!

ホーム

太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカのリール選び方関連ページ

釣り具を揃える!
まず船釣りに行く前に必要な釣り具を揃えなければなりません。最初はすべて揃えるのにお金と時間がかかってしまいます。釣り具を揃えるのも釣りの1部だと思って楽しんでください。
おすすめの釣り具の購入方法!
私自身が現在も行っているおすすめの釣り具の購入方法をご紹介しています。これを知れば、損しなくなります。
竿(ロッド)の選び方!
釣り竿(ロッド)を選ぶ際のポイント(調子、対象魚、おもり負荷)を説明しています。また、対象魚ごとにどのような竿を使用すればよいのかなどを具体的に説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。完全ふかせや天秤ふかせ、胴付釣りによっても竿は変わってきます。ダイワ・シマノ製でおすすめの竿もご紹介しています。
マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
マイカ・スルメイカ釣りで使う竿(ロッド)の選び方をご紹介しています。置き竿・手持ちのどちらで釣るかによっても、用意する竿は変わってきます。
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。基本的に、どのような竿でも使えなくはありませんが、長く続けるのであれば、専用竿を購入した方がよいです。
私が所有する竿!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・ロッド(私の竿)をご紹介しています。おすすめの竿のタイプもご紹介しています。
電動リールの選び方!
電動リールを選ぶ際のポイントを説明しています。対象魚ごとの選ぶべきリールのサイズなどについても説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りなどの電動リールの選び方をご紹介しています。完全ふかせ・天秤ふかせ・胴突き釣りなど、釣り方によっても変わります。
私が所有する電動リール!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・リール(私の電動リール)をご紹介しています。おすすめの電動リールのタイプもご紹介しています。
クーラーボックスの選び方!
クーラーボックスを選ぶ際のポイントを説明しています。容量や頑丈さ、保冷力でクーラーボックスを選ぶことが大切です。
バッグの選び方!
バッグを選ぶ際のポイントを説明しています。大きさや材質でバッグを選ぶことが大切です。
ロッドケースの選び方!
ロッドケースを選ぶ際のポイントを説明しています。竿の長さやリールを装着したまま収納できるかに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーの選び方!
ロッドホルダーを選ぶ際のポイントを説明しています。ロッドホルダーのメーカーやサイズに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーヘッドについて
ロッドホルダーヘッドは必ずいるものではありません。ロッドホルダーヘッドは竿をはさむネジが1個しかないので、竿の取り付けが早くて簡単です。
バッテリーの選び方!
バッテリーの選び方をご紹介しています。バッテリーには2種類があります。「バッテリー」と「コードレスバッテリー」です。この2つのバッテリーの特徴を把握した上で、選ぶと失敗が少ないです。
ライフジャケットの選び方!
ライフジャケットは命を守る大切なものです。ウエストベルトタイプとショルダーベストタイプの装着タイプで選ぶ方法及び自動膨張式と手動膨張式で選ぶ方法があります。
レインウェア・防寒ウェアの選び方!
レインウェア・防寒ウェアはどのようなものでも良いですが、軽くて撥水性が高く、着心地がよいものを選んでください。ウェアはダイワ製やシマノ製がおすすめです。
長靴の選び方!
長靴は基本的にホームセンターで売っているもので十分です。私が使用している長靴について説明しています。
帽子の選び方!
帽子は夏でも冬でも必要です。暑さを防いだり、雨が降った時にたいへん便利です。帽子はどのようなものでも構いませんが、風で飛ばされない対策が必要です。

 
ホーム サイトマップ