釣り車におすすめの車種と車中泊

釣りで使う車や車中泊についてはこちらの姉妹サイトをご覧ください!
釣り車におすすめの車種と車中泊

太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方

太刀魚(タチウオ)・マイカ・スルメイカ釣りには、電動リールがよく使われます。

 

もちろん、手巻きのリールを使っても問題はありません。

 

ただ、その分手返しが遅くなってしまいますので、釣果に響くかもしれません。

 

鉛スッテやエギングで、マイカやスルメイカを釣るのなら、手巻きのリールの方がよいこともあります。

 

 

タコ釣りは、電動リールよりも、手巻きリールの方がよく使われているように感じます。

 

水深がそれほど深くないので、手巻きリールでも十分です。

 

スポンサーリンク

 

 

太刀魚・マイカ・スルメイカ釣りの電動リールの選び方

 

太刀魚・マイカ・スルメイカ釣りには、ダイワの500サイズぐらいまでのリールなら問題なく使えます。

 

ただ、手持ちで誘って釣るのなら、できだけコンパクトなリールの方が疲れず、快適に釣りを楽しめます。

 

 

置き竿で釣るのなら、300サイズから500サイズまでがよいと思います。

 

少々大きくても置き竿ですので、何の問題もありません。

 

 

手持ちで釣るのなら、200サイズから300サイズまでがおすすめです。

 

私は300サイズを使っていますが、もう少し小さくてもよいのではと考えています。

 

ただ、サイズを小さくすると、当然糸巻量も少なくなってしまいます。

 

特に、太刀魚釣りでは、鋭い歯で糸が切られてしまう恐れがありますので、できるだけたくさん巻けるタイプのリールの方がよいです。

 

太刀魚釣りなら、個人的には300サイズの方がよいかもしれません。

 

 

シーボーグ 300Jと言いたいところですが、予算オーバーと言う人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

購入できる人はシーボーグの方がよいと思いますが、無理をして高いリールを購入する必要はありません。

 

レオブリッツ 300Jで十分だと思います。

 

 

詳しくは、「太刀魚(タチウオ)釣り 船テンヤ・ワインド釣法等 仕掛け・釣り方」を!

 

 

マイカやスルメイカ釣りがメインと言う人には、200サイズをおすすめします。

 

200サイズには、シーボーグ200Jしかありません。

 

 

 

少しでも安くあげたいのであれば、200サイズのレオブリッツ 200J、あるいは300サイズのレオブリッツ 300J」(上を参照)でもよいと思います。

 

 

詳しくは、「イカ釣り 鉛スッテ・ティップランエギング・浮きスッテの船仕掛けなど」を!

 

 

どのような釣り方をするのか、予算はいくらまでなのかなど、いろいろと考えてから購入してください。

 

焦って購入すると失敗します。

 

 

タコ釣りのリールの選び方

 

基本的には、タコ釣りに電動リールは必要ありません。

 

水深が浅いので、手巻きで十分です。

 

それに、タコが底にへばり付いた時は強引に引きはがすしかありませんので、電動リールでは故障するのではと気が気ではありません。

 

本当にどのようなリールでもよいのですが、私の経験からは両軸リールの方が使いやすいです。

 

それと、サイズはやや大きめのリールの方がよいです。

 

小さいと、重いタコを巻き上げるのに大変です。

 

とにかく手に持ってみて、巻き上げやすそうなものを選んでください。

 

テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス SPII 64BRが使いやすくておすすめです。

 

 

 

他にも、次のようなリールがあります。

 

 

 

詳しくは、「タコ釣り 明石の船・防波堤仕掛け&ロッド・リールなど」を!

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「私が所有する電動リール!

ホーム