イカダイ(イカ鯛)による釣り方・仕掛けとは!

イカダイ(イカ鯛)とは?

イカダイ(イカ鯛)とは、何のことかと思われるかもしれません。

 

文字どおり、イカでタイ(マダイ)を釣ることです。

 

すると、イカの切り身で、マダイを釣るのかと考える人もいるかもしれません。

 

そうではありません。

 

生きているイカを使って、マダイを釣るのです。

 

イカの泳がせ釣りです。

 

 

京都府や福井県では、このイカダイ(イカ鯛)が流行っています。

 

数年前から、このような釣り方があるのを知っていたのですが、なかなかやる機会がありませんでした。

 

どれくらい前から、この釣り方が行われているのかはわかりません。

 

イカダイ スルメイカ

 

この釣り方の魅力は、何と言っても釣れるマダイが大きいということです。

 

最低でも、50〜60cmはあります。

 

80cm級も結構釣れるようです。

 

それもそのはずです。

 

生きたイカをそのまま丸ごとエサにするのですから、当然喰ってくるマダイは大きいです。

 

小さなマダイでは、イカを丸飲みすることができませんからね。

 

スポンサーリン ク

 

イカダイ(イカ鯛)による釣り方・仕掛けとは!

イカダイ(イカ鯛)仕掛けをみてみましょう。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

イカダイ仕掛け

 

本当に、シンプルな仕掛けです。

 

 

イカダイ(イカ鯛)仕掛け

 

仕掛けには、1本針のものと2本針のものがあります。

 

小さなイカをエサにするのであれば1本針でもよいですが、ある程度の大きさのイカをエサにするのであれば2本針がベストです。

 

天秤を取り付ける必要はありません。

 

 

イカダイ(イカ鯛)の釣り方

 

基本的な釣り方は、青物などの泳がせ釣りと似ています。

 

底にオモリを着けた状態で、当たりを待ちます。

 

当たりがあっても、早合わせは禁物です。

 

早合わせすると、かなりの確率でバレてしまいます。

 

じっくりと待って、しっかり喰い込んでから合わせます。

 


<関連記事>

 

詳しくは実践編を見てください。

 

マダイ(真鯛)のイカダイ(イカ鯛)釣り

 

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「タルイカ編

ホーム

イカダイ(イカ鯛)編関連ページ

胴突き・サビキ編
基本的な釣り方には胴突き(サビキ)や天秤ふかせ、完全ふかせがあります。胴突き・サビキ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。
天秤ふかせ編
天秤ふかせ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。
完全ふかせ編
完全ふかせ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。
マイカ・スルメイカ編
マイカ・スルメイカ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。仕掛けと釣り方は概ね同じです。
タルイカ編
タルイカ釣りの仕掛けと釣り方をご紹介しています。

 
ホーム サイトマップ