ロッドキーパー(船)のおすすめ!ラークが使いやすい!

ロッドキーパー(船)のおすすめ!ラークが使いやすい!

はじめに申し上げておきたいと思います。

 

ロッドホルダーを購入する必要性はあまりないと思います。

 

最近は、釣り船のほとんどにロッドホルダーが装着されています。

 

装着されていない船については必要になります。

 

したがって、これから釣りに行こうと考えている船にロッドホルダーがない場合のみ必要となってきます。

 

ここ何年かでトータル10船ほどに乗りましたが、ロッドホルダーが装着されていなかったのはわずか2船だけでした。

 

比較的新しい船は、ほぼ装着されていると思います。

 

古い船も、私が知る限りでは結構装着されていますが、ない可能性もあります。

 

ロッドホルダーは結構高いので、装着されていない船に行かないというも1つの考え方です。

 

ご自身でご判断されてよいです。

 

ご購入を考えておられる方のために、ロッドホルダーを選ぶポイントをご説明します。

 

 

ロッドホルダー

 

まず、ロッドキーパーとは竿を船に固定しておく釣り具です。

 

これがないと、竿が海に落ちないようにずっと手で持っておかなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

 

 

ロッドホルダーを選ぶポイントは次のとおりです。

 

メーカーで選ぶ!

 

第一精工のラークやダイワのパワーホルダーが有名です。

 

逆に、私はこれ以外のロッドホルダーを使っている人を見たことがありません。

 

釣り船のほとんどが第一精工のラークを装着しています。

 

ダイワのパワーホルダーを装着している船は、今までに1船しか見たことがありません。

 

写真は私愛用のラークです。

 

個人的にはラークが使いやすいです。

 

おすすめです。

 

特にどちらでも問題はありません。

 

 

サイズで選ぶ!

 

サイズには2つあります。

 

1つはロッドキーパー自体のサイズです。

 

当然本体サイズが大きくなれば、対象魚や使用できる竿のサイズも大きくなります。

 

しかし誤解しないでください。

 

対象魚や使用できる竿のサイズと言っても、竿のようにマダイ用や青物用などと分かれているわけではありません。

 

簡単に言うと、大物用(マダイ、青物など)か小物用(キスなど)かに分かれているだけです。

 

ラークなら、普通のラークとミニラークというようにです。

 

当然、普通のラークを選んでください。

 

普通のラークを購入すれば、何でも使えます。

 

また、最近の竿ならほぼ全部の竿が使用できます。

 

竿のグリップ部分が細くても、補助用のゴム(正式名称不明)を使えば問題ありません。

 

 

あともう1つのサイズは、ロッドホルダーがはさむことができるサイズです。

 

ちょっと表現が難しいのですが、ロッドホルダーは船にはさんで装着します。

 

ごくたまに、船のロッドホルダーを取り付ける部分が分厚すぎて付かないことがあります。

 

ロッドホルダーの種類によっては、はさむ部分の幅が大きいタイプのものがあります。

 

パワーホルダーは持っていないのでわかりませんが、ラークには間違いなくあります。

 

どんな船にも対応できるように幅の大きいタイプを選ばれた方がよいですよ。

 

 

この2つポイントで選べば、間違いありません。

 

はじめて行く釣り船の場合は必ず確認してください。

 

なければ、購入するしかありません。

 

どの船にも行けるように、念のために準備しておいても良いですね。

 

何度も言いますが、絶対に必要なものではありません。

 

価格は15,000円〜20,000円ぐらいすると思います。

 

ご参考までに。

 

Amazonでおすすめのロッドホルダーは?

 

スポンサーリンク

 

 

ラークサポートを購入すると便利

ラークサポートとは、ロットキーパーの一部です。

 

竿を直接はさむ部分です。

 

なぜラークサポートの話をするのかについて説明させていただきます。

 

上で、最近はロットキーパーを装着している船が多いと言う話をさせていただきました。

 

私が知っている船のほとんどはラークを使っています。

 

当然釣りに行くと装着されたラークを使わせてもらうわけですが、ノーマルのラークのロットキーパーヘッドは竿を取り付けにくいです。

 

正しくは取り付けるのに少し時間がかかります。

 

ロッドホルダーヘッド 純正品

 

それは純正品のロットキーパーヘッド(上の写真)は、竿をはさんで2つの小さなネジを回して締めるタイプだからです。

 

釣り船に装着されているラークだけがそうではなく、市販されているラークのロットキーパーがこのようなタイプになっています。

 

最新のものはちょっとわかりませんが・・・。

 

しかも、2つのネジがバランスよく締まるようにしなければなりません。

 

片方だけを締めすぎると竿をはさんでいる部分が斜めになってしまい、竿をはさんでいる部分が外れそうな気がします。

 

そんなことかと思われるかもしれませんが、少しでも早く準備をして仕掛けを投入したいと思っている時は結構気になります。

 

 

別売りで、下の写真のようなラークサポートがあります。

 

ロッドホルダーヘッド

 

商品名は第一精工から販売されている「DXワンタッチサポート」です。

 

竿をはさむための締めるねじが1個しかありません。

 

したがって、竿をはさんで大きな持ちやすいネジを回すだけです。

 

早くて簡単です。

 

2つのネジを締めるバランスなどを考える必要がありません。

 

 

別に純正品でも使用に問題があるわけではありません。

 

竿をロッドキーパーに取り付ける時、早くて簡単で楽な方がよいと思います。

 

もちろんこれはラークを装着している釣り船、あるいは自身が持っているラークでお使いになられる方のみが対象です。

 

あと注意しなければならないのは、ロッドキーパーとラークサポートとが取り付けられるかです。

 

同じラークシリーズなら、口のサイズが合えば取り付けられます。

 

私は別売りのラークサポートを購入し、いつも釣り船に持って行って使っています。

 

いつも釣りに行くラークを装着している船は、全部ロッドキーパーヘッドの口のサイズが同じです。

 

たまたまかもしれませんが・・・。

 

 

ご購入を考えておられる方は、よく行く釣り船に装着されているラーク、あるいは自身が持っているラークの口のサイズを確かめてください。

 

ロッドキーパーヘッドの口の大きさは大と小の2種類か、よくあっても3種類ぐらいしかないと思います。

 

すぐにわかると思います。

 

サイズが合わないと何の役にも立ちませんので、お間違いのないようにしてください。

 

価格は2,000円〜3,000円ぐらいです。

 

必ずいるものではありませんが、あると便利なものです。

 

一度お試しください。

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「バッテリーの選び方!

ホーム


 
ホーム サイトマップ