マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方

真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方

こちらでは、私が愛用しているダイワ製のおすすめの電動リールをご紹介しています。

 

シマノ製にもよいリールがたくさんあると思うのですが、実際にほとんど使ったことがありませんので、こちらではご紹介していません。

 

ハイパワータナコンからシーボーグまで、いろいろな電動リールを使ってきましたが、正直な感想を言うと、必ずしも高ければよいというものではありません。

 

もちろん、高いリールには高いだけのよさがあります。

 

便利な機能や本体の軽量化など。

 

あまりこだわらないのなら、できるだけ安いリールを購入した方が経済的です。

 

ただ、何でも安いリールを購入すればよいわけではありません。

 

ちょっとした購入時のポイントなども、併せてご紹介します。

 

スポンサーリン ク

 

 

真鯛・青物などの完全ふかせ釣りに使う電動リールの選び方

 

実際に私が経験して感じたことですが、完全ふかせ釣りに使う電動リールは、できる限り高性能なものをおすすめします。

 

どうしてかと言うと、安いリールはスプールの回りが重く、糸の出が悪いです。

 

完全ふかせ釣りでは、これは致命的です。

 

 

スプールの回りが重いと、回りがよいリールに比べて糸が浮き上がってしまいます。

 

最悪みんなは釣れているのに、自分だけ釣れないという状況に陥ってしまうことがあります。

 

また、糸の出が悪いと、魚の食い自体が悪くなってしまうこともあります。

 

何もよいことはありません。

 

 

以前、ハイパワータナコンで完全ふかせ釣りをやっていたのですが、私だけあまり釣れず、船長からリールを変えてみてはというアドバイスをもらいました。

 

シーボーグに変えると、スプールの回りが先ほどとは比べ物にならないほどよくなりました。

 

その結果、急に魚が釣れ出しました。

 

もちろん、潮が速い時などはあまり変わらないかもしれませんし、いつも釣果がアップするとは限りませんが。

 

ただ、せっかく高いお金を払って釣りに行くのですから、釣れる可能性が高いリールを使った方がよいです。

 

 

電動リールには、6号のフロロカーボンが300m以上巻けるものがよいです。

 

5号でも使えなくはありませんが、ヒラマサやブリ釣りなど大型の魚が釣れる可能性がある時は6号の方が無難です。

 

5号でも、そんなに簡単に切れるものではありませんが。

 

 

おすすめは、500サイズのシーボーグです。

 

現行モデルでは、シーボーグ 500Jです。

 

6号が350mも巻けます。

 

少し高いですが、これくらいものを購入すると、長く使えますね。

 

 

 

以前は、6号が300m巻けるリールと言えば、500サイズがベストでした。

 

しかし、現行モデルのリールは、たくさん糸が巻けるようになりましたので、400サイズでも問題ありません。

 

400サイズのシーボーグはありませんので、レオブリッツ 400がいいですね。

 

400サイズなのに、6号が300mも巻けます。

 

 

 

真鯛・青物などの天秤ふかせ・胴突き釣りに使う電動リールの選び方

 

真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りなどの天秤ふかせ・胴突き釣りに使う電動リールは、完全ふかせ釣りに使う電動リールほど、性能にこだわる必要はないと思います。

 

電動リールはどんどん進化し、今までにはない便利な機能などが付きました。

 

そういった機能などが付いているものは、やはり高いです。

 

どうしてもそういった機能が欲しい人は、高いリールを買わざるを得ません。

 

しかし、特にこだわらないのなら、できるだけ安いものを購入すればよいです。

 

 

最近、天秤ふかせ・胴突き釣りにはPEを使う人が多いです。

 

狙う魚種やサイズ、使用するオモリの重さなどを考慮して、リールのサイズを選べばよいです。

 

こちらの記事を参考にすれば、だいたいのリールのサイズがわかります。

 

若干リールの糸巻き量が、現行モデルとは異なりますが、それほど大きくは変わりません。

 

 

リールのパワーについては、いろいろな考え方があります。

 

仕立船で魚を逃がさないように、ドラグをやや緩めて慎重に巻き上げることができるのなら、それほどリールのパワーにこだわらなくてもよいです。

 

ドラグを緩めている時点で、無理に巻き上げない釣り方を選んでいます。

 

無理に巻き上げない釣り方では、パワーがあってもほとんどそのパワーを活かせません。

 

活かせないのに、パワーが強い高いリールを購入するのはもったいないです。

 

 

逆に、乗合船で祭らないようにドラグを締めて、ガンガン巻き上げる釣り方をするのなら、できるだけパワーがあった方がよいです。

 

パワーがないと、巻き上げるのに時間がかかってしまうためです。

 

理想は、もちろんパワーがあるリールの方がよいです。

 

 

費用を抑えたいのなら、500サイズではレオブリッツ 500Jがよいです。

 

 

 

400サイズなら、レオブリッツ 400がおすすめです。

 

上の記事を参照!

 

 

300サイズなら、レオブリッツ 300Jがおすすめです。

 

これぐらいのリールを持っておけば、幅広く使えます。

 

 

 

人気のシーボーグシリーズも出ています。

 

シーボーグ 300Jです。

 

 

ここまで無理をする必要はありません。

 

 

人それぞれ考え方が異なります。

 

あくまで、私の主観ですのでご了承ください。

 

 

釣り方や予算などから、どのリールが最適か慎重に選ばないと失敗してしまいます。

 

とにかく購入を焦らないことです。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方

ホーム

マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方関連ページ

釣り具を揃える!
まず船釣りに行く前に必要な釣り具を揃えなければなりません。最初はすべて揃えるのにお金と時間がかかってしまいます。釣り具を揃えるのも釣りの1部だと思って楽しんでください。
おすすめの釣り具の購入方法!
私自身が現在も行っているおすすめの釣り具の購入方法をご紹介しています。これを知れば、損しなくなります。
竿(ロッド)の選び方!
釣り竿(ロッド)を選ぶ際のポイント(調子、対象魚、おもり負荷)を説明しています。また、対象魚ごとにどのような竿を使用すればよいのかなどを具体的に説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。完全ふかせや天秤ふかせ、胴付釣りによっても竿は変わってきます。ダイワ・シマノ製でおすすめの竿もご紹介しています。
マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
マイカ・スルメイカ釣りで使う竿(ロッド)の選び方をご紹介しています。置き竿・手持ちのどちらで釣るかによっても、用意する竿は変わってきます。
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。基本的に、どのような竿でも使えなくはありませんが、長く続けるのであれば、専用竿を購入した方がよいです。
私が所有する竿!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・ロッド(私の竿)をご紹介しています。おすすめの竿のタイプもご紹介しています。
電動リールの選び方!
電動リールを選ぶ際のポイントを説明しています。対象魚ごとの選ぶべきリールのサイズなどについても説明しています。
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカのリール選び方
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方についてご紹介しています。リールのサイズはお好みで選べばよいです。
私が所有する電動リール!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・リール(私の電動リール)をご紹介しています。おすすめの電動リールのタイプもご紹介しています。
クーラーボックスの選び方!
クーラーボックスを選ぶ際のポイントを説明しています。容量や頑丈さ、保冷力でクーラーボックスを選ぶことが大切です。
バッグの選び方!
バッグを選ぶ際のポイントを説明しています。大きさや材質でバッグを選ぶことが大切です。
ロッドケースの選び方!
ロッドケースを選ぶ際のポイントを説明しています。竿の長さやリールを装着したまま収納できるかに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーの選び方!
ロッドホルダーを選ぶ際のポイントを説明しています。ロッドホルダーのメーカーやサイズに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーヘッドについて
ロッドホルダーヘッドは必ずいるものではありません。ロッドホルダーヘッドは竿をはさむネジが1個しかないので、竿の取り付けが早くて簡単です。
バッテリーの選び方!
バッテリーの選び方をご紹介しています。バッテリーには2種類があります。「バッテリー」と「コードレスバッテリー」です。この2つのバッテリーの特徴を把握した上で、選ぶと失敗が少ないです。
ライフジャケットの選び方!
ライフジャケットは命を守る大切なものです。ウエストベルトタイプとショルダーベストタイプの装着タイプで選ぶ方法及び自動膨張式と手動膨張式で選ぶ方法があります。
レインウェア・防寒ウェアの選び方!
レインウェア・防寒ウェアはどのようなものでも良いですが、軽くて撥水性が高く、着心地がよいものを選んでください。ウェアはダイワ製やシマノ製がおすすめです。
長靴の選び方!
長靴は基本的にホームセンターで売っているもので十分です。私が使用している長靴について説明しています。
帽子の選び方!
帽子は夏でも冬でも必要です。暑さを防いだり、雨が降った時にたいへん便利です。帽子はどのようなものでも構いませんが、風で飛ばされない対策が必要です。

 
ホーム サイトマップ