潮の流れを読む!

潮の流れを読む!

潮の流れと魚の喰いには関係があります。

 

まず潮の流れについて学びましょう!

 

 

潮の流れ 上げ三分、下げ七分

 

 

上記のとおり、潮は常に「満潮」から「干潮」になり、「干潮」から「満潮」に変化していきます。

 

満潮のピークと干潮のピークには潮は止まってしまいます。

 

よく「上げ三分、下げ七分」という言葉を聞きませんか?

 

「上げ三分、下げ七分」が潮が最も流れている状態で、よく釣れると言われています。

 

特に「上げ三分」が狙い目のようです。

 

また、「大潮」や「小潮」などという言葉を聞いたことがあると思います。

 

これは潮の流れが大きい日か、小さいか日かを指しています。

 

大潮の日とは潮が最も大きく流れる日のことで、小潮の日とは潮が最も小さく流れる日のことです。

 

他にも「中潮」「長潮」「若潮」があります。

 

これらは潮汐表を見れば、一発でわかります。

 

魚は潮の流れに逆らって泳ぎ、潮の流れに乗ってきたエサを喰います。

 

潮の流れがないとそもそもエサも流れませんので喰いが落ちるのです。

 

つまり、潮の流れが大きい日の方が魚が釣れる可能性が大きいということです。

 

潮の流れは船釣りだけではなく、すべての魚釣りにおいて非常に重要なことです。

 

潮の流れを読んで、釣りをするとワンランク上の釣りができると思います。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「月の満ち欠けを知る!

ホーム

潮の流れを読む!関連ページ

何が釣れる?
どの魚を釣りに行くかを決まるのに”今何が釣れるのか?”を知っておくことは重要です。釣りを始める際に、一番最初に行うことです。
最近の釣果情報を入手する!
最近の釣果情報を入手し、今何が釣れているのかを調べます。釣果情報の入手方法をご紹介しています。
対象魚を決定する!
釣果情報などから対象魚を決定するまでの考え方をご紹介しています。
天気や波をチェックする!
予約をする前に、天気や波について考える必要があります。できるだけ条件の良い日を選びましょう。
月の満ち欠けを知る!
予約をする前に、月の満ち欠けについて考える必要があります。月の満ち欠けは事前にわかるものなので、チェックしておいてください。できるだけ条件の良い日を選びましょう。

 
ホーム サイトマップ