網かご・ロケット(釣具)のサイズは?

網かご・ロケット(釣具)のサイズは?

網かご

 

ロケット

 

網かご(上の写真)やロケット(下の写真)は撒く用のエサを入れ、海中で竿を上下に振って、中のエサをバラまき、魚を集めるために使います。

 

この撒き餌がきっちり行えているかで釣果が大きく変わることがあります。

 

船長から指示された棚で粘り強く、撒かないと効果があまりありません。

 

棚とは、対象魚がいる層のことです。

 

指示された棚で、エサを継続して撒かないとマダイなどは集まってきません。

 

 

そこで必要になる釣り具が網かごやロケットなどです。

 

私は写真上のロケットをよく使います。

 

沈める途中で、撒き餌がほとんど出ませんし、撒き餌が出る量を調整することも可能です。

 

特に潮が速い時、狙った棚まで撒き餌があまり出ないので効率的に撒き餌を撒くことができます。

 

写真下の網かごでは、すぐに撒き餌が出てしまうので、狙った棚に到着した時点でほとんど撒き餌が残っていないと思われます。

 

棚で一気に勢いよく撒き餌を出すのには、良いかもしれません。

 

撒き餌を勢いよく撒くと、魚にはよいアピールになります。

 

青物やメダイは撒き餌がバーっと撒かれた時によく当たります。

 

ロケットでは網かごのように勢いよくは撒けません。

 

 

ロケット 撒き餌
(サイズ違いのロケット(大と中))

 

 

他にもいろいろなタイプものがあります。

 

基本的にはどのタイプでも構いません。

 

個人的には効率的に撒き餌を撒きたいので、途中で撒き餌があまり出ないロケットをおすすめします。

 

大きさも何種類かあります。

 

特大・大・中・小など。

 

マダイやアジなどを釣る時は中か小を、青物などを釣るときは大か特大がよいと思います。

 

回遊魚は撒いて寄せないと釣れないからです。

 

網かごやロケットの価格は500円〜2,000円ぐらいです。

 

種類や大きさによってバラバラです。

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「クッションゴムについて

ホーム


 
ホーム サイトマップ