マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方

真鯛釣り、青物釣り、メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方

狙う魚種や釣り方によって、竿を変えるのがベストです。

 

しかし、現実的には難しいです。

 

そうしようとすれば、何本も竿が必要となり、いくらお金があっても足りません。

 

狙う魚種や釣り方が変わっても、兼用で使える適切な竿を選べば、数本の竿で十分対応できます。

 

ここでは、狙う魚種や釣り方によって、どのような竿を使用すればよいのかをご説明しています。

 

あくまで、私の経験によるものです。

 

好みや感じ方などは、人により異なりますので、参考程度にみてください。

 

スポンサーリン ク

 

 

真鯛・青物の完全ふかせ釣りの竿(ロッド)の選び方及びおすすめ

 

その時の海上のコンディションに応じて、2種類の竿を考えておくとよいでしょう。

 

特に重視するのは、風です。

 

風がそこそこ強いと、柔らかい竿は先が曲がってしまって釣りにくいです。

 

また、空巻きで仕掛けを回収する際、柔らかい竿だと風で曲がってしまって、なかなかこちらに仕掛けを寄せられないことがあります。

 

そのため、私は柔らかめの竿と普通の竿(ムーチングロッド)の2本を用意しています。

 

風などまったく気にしないという人は、どちらか1本用意すればいいです。

 

おすすめは、普通のムーチングロッドです。

 

その辺は好みです。

 

 

真鯛 風がない時

 

柔らかめの竿をおすすめします。

 

少し長め(3m超え)でもよいですね。

 

大物がかかった時に、柔らかいとバレにくいです。

 

魚を巻き上げる時、それほど大物でなくても竿が曲がり、やり取りを楽しめます。

 

 

真鯛 風がある時

 

風が強いと、柔らかい竿では穂先がゆらゆらして非常に釣りにくいです。

 

短い(270m以下)竿がよいです。

 

竿が長いと、空で巻き上げた仕掛けをこちらに寄せてくるのが大変です。

 

硬い青物専用の竿は避け、真鯛用のムーチングロッドなら、少々短くても何の問題もありません。

 

柔らかい竿かどうかの判断方法!

 

 

実際手に持って確かめるに越したことはありません。

 

しかし、なかなかそうもいきません。

 

 

私は次の3点で判断しています。

 

ムーチングロッドかどうか

 

ムーチングロッドと書かれていれば、胴調子で一定以上の柔らかさの竿です。

 

硬過ぎるということはないでしょう。

 

 

オモリ負荷はどうか

 

「30〜100」「50〜100」などと、軽いオモリから重いオモリまで使用できる竿は、ある程度柔らかいです。

 

柔らかい竿でないと、軽いオモリと重いオモリの両方に対応させることが難しいためです。

 

 

特に、軽いオモリを使用した場合、竿が硬いと、まったく竿先が曲がらず、オモリが跳ねてしまいます。

 

これでは、仕掛けが不自然な動きになり、食いが悪くなってしまいます。

 

そうならないように、軽いオモリを使っても、ある程度竿先が曲がってオモリが跳ねないようにしないといけません。

 

そのためには、軽いオモリでも竿先が曲がる柔らかさが必要なのです。

 

 

カーボン含有率はどうか

 

100%に近いほど、反発力が強い硬い竿である可能性が高いです。

 

概ね50%以下なら、かなりの確率で柔らかいと思います。

 

そのため、カーボン含有率の少ない竿を探せば、ある程度柔らかいです。

 

逆にグラスの含有率は多いほど、柔らかいです。

 

 

この3点で判断すると、それほど失敗はないと思います。

 

ただ、一口に柔らかいと言ってもいろいろです。

 

細かい柔らかさまでは、なかなかわかりません。

 

それに、ここまで説明させていただいたことは、あくまで私の経験に基づくものなので、100%そうとは言い切れません。

 

念のために、釣具店などで確認した方がよいです。

 

 

真鯛

 

スポンサーリン ク

 

 

真鯛・青物・メダイ・タルイカの天秤ふかせ釣りや胴付釣りの竿(ロッド)の選び方

 

ここでも、2種類の竿を考えておくとよいでしょう。

 

対象魚が何なのかです。

 

使用するオモリの号数も考慮しておくと、ベストですね。

 

 

真鯛 対象魚が大物で重いオモリを使う時

 

このサイトで登場する魚種・サイズでの話です。

 

大物とは、大型の真鯛や青物、メダイ、タルイカです。

 

特に、メダイ、タルイカはサイズが大きいだけに、引きが凄まじいです。

 

これに、100号以上のオモリを使うとなると、竿にかなりの負荷がかかってしまいます。

 

 

また、ハマチの夜釣りも、大物釣りと同じ扱いになります。

 

よく釣れる時は、5匹まとめて食ってくることがあります。

 

重みだけで言うと、メダイやタルイカといい勝負かもしれません。

 

 

これらを狙って釣りをするのなら、やや硬めのオモリ負荷の大きい竿を使った方がよいです。

 

竿は少々のことでは折れませんが、強い引きに、重いオモリとなると、何が起こるかわかりません。

 

万が一のことを考えると、余裕のある竿を使うべきです。

 

 

真鯛 対象魚が大物でない、または重いオモリを使わない時

 

対象魚が大型の真鯛や青物、メダイ、タルイカなどであっても、重いオモリを使わないのなら、それほど硬い竿を使わなくても大丈夫です。

 

また、対象魚がそれほど大きくないのなら、少々重いオモリを使っても問題ありません。

 

要は、これらの両方が揃わない限り、硬い竿を使う必要はないと思います。

 

 

 

基本的には、次のように考えてもよいと思います。。

 

完全ふかせには、硬い竿は必要ありません。

 

メダイやタルイカの天秤ふかせ釣りでは、重いオモリを使うことが多いので硬い竿の方がよいです。

 

ハマチの夜釣りも、同様です。

 

 

ただ、青物は大物ではなくてもよく走りますので、あまりドラグを緩めてじっくり釣り上げることができない時があります。

 

特に乗合船の場合は、人が多いので、お祭りする可能性が高くなります。

 

そうなると、ドラグを締めて強引に巻き上げることになります。

 

竿が柔らかすぎると、強引に巻き上げられません。

 

乗合船での青物釣りの場合は、やや硬めの竿の方がよいかもしれません。

 

釣り上げることだけを考えれば、柔らかめの竿の方がよいのですが。

 

青物

 

 

 

真鯛釣り、青物釣り、メダイ・タルイカ釣りにおすすめの竿は?

 

ここまでのこと踏まえて、ダイワとシマノの主な竿について比較してみました。

 

メーカーが謳っている使用法などでは判断していません。

 

あくまで、私の経験などからの判断によります。

 

そのため、参考程度に見ていただければと思います。

 

気になる人は、釣具店などでご確認を!

 

 

シリーズ名 おすすめ ふかせ風なし ふかせ風あり 天秤大物 天秤大物以外



50-270
他のタイプの岬をアマゾンで調べる

50-270

 

50-300

潮流

50-270
他のタイプの潮流をアマゾンで調べる

50-270

 

50-300

潮流 GM

270
他のタイプの潮流GMをアマゾンで調べる

270

 

300

リーオマスター 真鯛

M270
他のタイプのリーオマスター 真鯛をアマゾンで調べる

M270

 

M300

リーオマスター 真鯛GM

M270
他のタイプのリーオマスター 真鯛GMをアマゾンで調べる

M270

 

M300

リーオマスター 真鯛AGS

M-300
他のタイプのリーオマスター 真鯛AGSをアマゾンで調べる

M-300

バイパースティック

S-270
他のタイプのバイパースティックをアマゾンで調べる

S-270

 

S-300



80-270
他のタイプの舳をアマゾンで調べる

80-270

 

80-300

ミヨシリミテッド

60-300
他のタイプのミヨシリミテッドをアマゾンで調べる

60-300

海明

50-270
他のタイプの海明をアマゾンで調べる

50-270

海春

50 270
他のタイプの海春をアマゾンで調べる

50 270

 

50 300

海攻マダイ リミテッド

M270
他のタイプの海攻マダイ リミテッドをアマゾンで調べる

M270

 

M300

ゴウイン アオモノ

M-260
他のタイプのゴウインアオモノをアマゾンで調べる

M-260

マッドバイパー アオモノ
ダイワ(Daiwa) ロッド マッドバイパー アオモノ M-235

 

他のタイプのマッドバイパー アオモノをアマゾンで調べる

M-235

海攻アオモノリミテッド

MH265
他のタイプの海攻アオモノリミテッドをアマゾンで調べる

M 270

 

MH265

 

※天秤には胴付も含みます。

 

※すべての竿について、実際に使用して確かめたわけではありません。

 

好みによっても、最適かどうかの判断は異なります。

 

最終的には自己判断で願いします。

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方

ホーム

マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方関連ページ

釣り具を揃える!
まず船釣りに行く前に必要な釣り具を揃えなければなりません。最初はすべて揃えるのにお金と時間がかかってしまいます。釣り具を揃えるのも釣りの1部だと思って楽しんでください。
おすすめの釣り具の購入方法!
私自身が現在も行っているおすすめの釣り具の購入方法をご紹介しています。これを知れば、損しなくなります。
竿(ロッド)の選び方!
釣り竿(ロッド)を選ぶ際のポイント(調子、対象魚、おもり負荷)を説明しています。また、対象魚ごとにどのような竿を使用すればよいのかなどを具体的に説明しています。
マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
マイカ・スルメイカ釣りで使う竿(ロッド)の選び方をご紹介しています。置き竿・手持ちのどちらで釣るかによっても、用意する竿は変わってきます。
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。基本的に、どのような竿でも使えなくはありませんが、長く続けるのであれば、専用竿を購入した方がよいです。
マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方
マダラ・宗八カレイ釣りの竿(ロッド)とリールの選び方についてご紹介しています。マダラ釣りと・宗八カレイ釣りで使う竿とリールは兼用で使えます。おすすめの竿とリールを掲載しています。
私が所有する竿!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・ロッド(私の竿)をご紹介しています。おすすめの竿のタイプもご紹介しています。
電動リールの選び方!
電動リールを選ぶ際のポイントを説明しています。対象魚ごとの選ぶべきリールのサイズなどについても説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りなどの電動リールの選び方をご紹介しています。完全ふかせ・天秤ふかせ・胴突き釣りなど、釣り方によっても変わります。
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカのリール選び方
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方についてご紹介しています。リールのサイズはお好みで選べばよいです。
私が所有する電動リール!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・リール(私の電動リール)をご紹介しています。おすすめの電動リールのタイプもご紹介しています。
クーラーボックスの選び方!
クーラーボックスを選ぶ際のポイントを説明しています。容量や頑丈さ、保冷力でクーラーボックスを選ぶことが大切です。
バッグの選び方!
バッグを選ぶ際のポイントを説明しています。大きさや材質でバッグを選ぶことが大切です。
ロッドケースの選び方!
ロッドケースを選ぶ際のポイントを説明しています。竿の長さやリールを装着したまま収納できるかに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーの選び方!
ロッドホルダーを選ぶ際のポイントを説明しています。ロッドホルダーのメーカーやサイズに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーヘッドについて
ロッドホルダーヘッドは必ずいるものではありません。ロッドホルダーヘッドは竿をはさむネジが1個しかないので、竿の取り付けが早くて簡単です。
バッテリーの選び方!
バッテリーの選び方をご紹介しています。バッテリーには2種類があります。「バッテリー」と「コードレスバッテリー」です。この2つのバッテリーの特徴を把握した上で、選ぶと失敗が少ないです。
ライフジャケットの選び方!
ライフジャケットは命を守る大切なものです。ウエストベルトタイプとショルダーベストタイプの装着タイプで選ぶ方法及び自動膨張式と手動膨張式で選ぶ方法があります。
レインウェア・防寒ウェアの選び方!
レインウェア・防寒ウェアはどのようなものでも良いですが、軽くて撥水性が高く、着心地がよいものを選んでください。ウェアはダイワ製やシマノ製がおすすめです。
長靴の選び方!
長靴は基本的にホームセンターで売っているもので十分です。私が使用している長靴について説明しています。
帽子の選び方!
帽子は夏でも冬でも必要です。暑さを防いだり、雨が降った時にたいへん便利です。帽子はどのようなものでも構いませんが、風で飛ばされない対策が必要です。

 
ホーム サイトマップ