ライフジャケットの選び方!

ライフジャケットの選び方!

ライフジャケットは万が一海に落ちてしまった時に命を守るものです。

 

自分は泳ぎがうまいから大丈夫なんて思っていませんか?

 

服を着たまま泳ぐと、水着で泳ぐ時のようには泳げません。

 

さらに長靴を履いていたら、なおさらです。

 

ライフジャケットを身に付けていると、最悪でも海に浮いていることができます。

 

これだけでも生存率はグッとアップします。

 

 

偉そうに言っている私ですが、数年前にようやくライフジャケットを購入しました。

 

それまでは、ライフジャケットを付けようと思ったこともありませんでした。

 

しかし、自分の命は自分で守らなければならいと考え、やっと購入を決めました。

 

みなさんも、ライフジャケットは装着するようにしてください。

 

お金より命の方が大切ですよ。

 

ライフジャケット

 

最近のライフジャケットはすばらしいです。

 

初めてライフジャケットを付けてみた印象ですが、イメージしていたよりもかさばらず、邪魔になりません。

 

何かごわごわした感じで、釣りにくそうに思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

 

スポンサーリン ク

 

 

では、どのようにしてライフジャケットを選べばよいのでしょうか?

 

ライフジャケットの選び方をご説明させていただきます。

 

 

装着タイプで選ぶ!

 

ライフジャケットの装着タイプには2種類あります。

 

ウエストベルトタイプとショルダーベストタイプです。

 

 

ウエストベルトタイプ

 

腰の部分にベルトで装着するタイプです。

 

腰に巻きつけるような感じです。

 

はじめから浮き輪のように膨らんで、海に浮き体を安定させることができるものと、棒状の浮き袋が出てくるので、それを両脇の下にはさむようにして体を安定させるものがあります。

 

どちらも腰に装着するタイプですが、膨らんでから異なります。

 

はじめから浮き輪のように膨らむ方がよいと思います。

 

 

ショルダーベストタイプ

 

ライフジャケットと言えば、このタイプを想像される方が多いと思います。

 

上の写真はこのタイプです。

 

ベストのように着て、腰より少し上ぐらいでベルトをかけ、抜けないようにします。

 

ベストの部分が膨らむので、抜けさえしなければ、体は安定します。

 

 

 

どちらのタイプも苦しいからといって、ベルトを緩めすぎていると万が一の時に抜けてしまったり、体が安定しなかったりと本来の性能を発揮できない場合があります。

 

決められた方法できっちりと装着してください。

 

どちらのタイプでもよいのですが、私はショルダーベストタイプの方が、体が安定しそうな気がしたのでショルダーベストタイプを購入しました。

 

何の根拠もありません。

 

お好きな方でよいと思います。

 

ライフジャケット,自動膨張式,手動膨張式,ショルダーベストタイプ,ウエストベルトタイプ

 

 

自動か、手動かで選ぶ!

 

簡単に言えば、ライフジャケットが自動で膨らむのか、膨らまないのかです。

 

それにより、選ぶことができます。

 

次の2種類です。

 

 

自動膨張式

 

昔では考えられなかったのですが、今は海に落ちると自然にライフジャケットが膨らむタイプの自動膨張式があります。

 

これは、ライフジャケットの中に小さなボンベが入っており、水を感知すると自動でガスが放出されるように設計されているためです。

 

万が一海に落ちた時は、自動で膨らむので安心です。

 

また、手動でも膨らませることができます。

 

しかし、本体の価格が高いのと定期的にボンベを交換するなどのメンテナンスが必要です。

 

本体価格は7,000円〜20,000円ぐらいです。

 

ボンベの交換には、2,000円〜3,500円ぐらいかかります。

 

自分で交換するのか、メーカーに依頼するのかでも価格は異なります。

 

 

手動膨張式

 

このタイプのライフジャケットは自動では膨らまず、万が一の時は自分で紐を引いて膨らませなければなりません。

 

ポンベが入っていませんので、軽くてごわごわしていません。

 

そのため、価格も自動膨張式よりも大幅に安いです。

 

 

やはり少し高くても、私は自動膨張式が安心です。

 

価格の問題もありますので、お好きな方を選ばれるとよいと思います。

 

ただ、あまりにも安いライフジャケットは、安全・環境規格に準拠していない場合があります。

 

万が一の時に正常に作動しない場合があります。

 

命を守る大切なものなので、きっちりとした店で、ダイワやシマノなど信頼できるメーカーのライフジャケットをご購入された方が無難です。

 

安全のためにも、是非船釣りの際には装着してください。

 

Amazonランキングでおすすめのライフジャケットを探す!

 

 

スポンサーリン ク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次へ 「レインウェア・防寒ウェアの選び方!

ホーム

ライフジャケットの選び方!関連ページ

釣り具を揃える!
まず船釣りに行く前に必要な釣り具を揃えなければなりません。最初はすべて揃えるのにお金と時間がかかってしまいます。釣り具を揃えるのも釣りの1部だと思って楽しんでください。
おすすめの釣り具の購入方法!
私自身が現在も行っているおすすめの釣り具の購入方法をご紹介しています。これを知れば、損しなくなります。
竿(ロッド)の選び方!
釣り竿(ロッド)を選ぶ際のポイント(調子、対象魚、おもり負荷)を説明しています。また、対象魚ごとにどのような竿を使用すればよいのかなどを具体的に説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
真鯛・青物・メダイ・タルイカ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。完全ふかせや天秤ふかせ、胴付釣りによっても竿は変わってきます。ダイワ・シマノ製でおすすめの竿もご紹介しています。
マイカ・スルメイカ釣りの竿(ロッド)の選び方
マイカ・スルメイカ釣りで使う竿(ロッド)の選び方をご紹介しています。置き竿・手持ちのどちらで釣るかによっても、用意する竿は変わってきます。
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方
太刀魚(タチウオ)釣り・タコ釣りの竿(ロッド)の選び方についてご紹介しています。基本的に、どのような竿でも使えなくはありませんが、長く続けるのであれば、専用竿を購入した方がよいです。
私が所有する竿!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・ロッド(私の竿)をご紹介しています。おすすめの竿のタイプもご紹介しています。
電動リールの選び方!
電動リールを選ぶ際のポイントを説明しています。対象魚ごとの選ぶべきリールのサイズなどについても説明しています。
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りの電動リールの選び方
マダイ・青物・メダイ・タルイカ釣りなどの電動リールの選び方をご紹介しています。完全ふかせ・天秤ふかせ・胴突き釣りなど、釣り方によっても変わります。
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカのリール選び方
太刀魚(タチウオ)・タコ・マイカ釣りの(電動)リールの選び方についてご紹介しています。リールのサイズはお好みで選べばよいです。
私が所有する電動リール!
現在私が船釣りで実際に使用しているマイ・リール(私の電動リール)をご紹介しています。おすすめの電動リールのタイプもご紹介しています。
クーラーボックスの選び方!
クーラーボックスを選ぶ際のポイントを説明しています。容量や頑丈さ、保冷力でクーラーボックスを選ぶことが大切です。
バッグの選び方!
バッグを選ぶ際のポイントを説明しています。大きさや材質でバッグを選ぶことが大切です。
ロッドケースの選び方!
ロッドケースを選ぶ際のポイントを説明しています。竿の長さやリールを装着したまま収納できるかに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーの選び方!
ロッドホルダーを選ぶ際のポイントを説明しています。ロッドホルダーのメーカーやサイズに注意して選ぶことが大切です。
ロッドホルダーヘッドについて
ロッドホルダーヘッドは必ずいるものではありません。ロッドホルダーヘッドは竿をはさむネジが1個しかないので、竿の取り付けが早くて簡単です。
バッテリーの選び方!
バッテリーの選び方をご紹介しています。バッテリーには2種類があります。「バッテリー」と「コードレスバッテリー」です。この2つのバッテリーの特徴を把握した上で、選ぶと失敗が少ないです。
レインウェア・防寒ウェアの選び方!
レインウェア・防寒ウェアはどのようなものでも良いですが、軽くて撥水性が高く、着心地がよいものを選んでください。ウェアはダイワ製やシマノ製がおすすめです。
長靴の選び方!
長靴は基本的にホームセンターで売っているもので十分です。私が使用している長靴について説明しています。
帽子の選び方!
帽子は夏でも冬でも必要です。暑さを防いだり、雨が降った時にたいへん便利です。帽子はどのようなものでも構いませんが、風で飛ばされない対策が必要です。

 
ホーム サイトマップ