釣り針置きについて

針置き

 

この写真は、魚釣り用の仕掛けの釣り針をくっつけておくものです。

 

真ん中の茶色い部分がマグネットになっています。

 

これがないと仕掛けを上げた時、風などでグチャグチャになってしまいます。

 

特に胴付き仕掛けは針の数が多いので、仕掛けが絡まらず便利です。

 

 

イカ針置き

 

この写真は、イカのスッテをひっかけておくものです。

 

緑の部分は、食器洗い用のスポンジのような材質に似ています。

 

イカの針は魚釣り用の針と違って、もどしが付いていないので、使用できるのです。

 

もどしとは、釣り針に付いている、魚がかかった時に外れないようにするためのものです。

 

これに釣り針を引っ掛けると、もどしが付いているの取れなくなります。

 

 

タイルカーペットを切って使ってもよいです。

 

理想は不要になったタイルカーペットです。

 

タイルカーペットは裏にはゴムが付いているので滑りにくく、表には針が引っ掛けやすいので十分使えます。

 

タイルカーペットを好きな大きさに切るだけです。

 

不要になったタイルカーペットがない場合は、購入するしかないです。

 

ただイカ専用のものを購入するよりは、安く済むと思います。

 

他にも代用できそうなものがあるのなら、やってみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最近は釣り船にマグネットが取り付けられている場合があります。

 

その場合は、そのマグネットを利用すればよいです。

 

すべての釣り船に取り付けられているわけではありませんので、自身で用意しておいた方がよいです。

 

いろいろなサイズが売られています。

 

お好みのもを選べばよいですが、小さすぎても大きすぎても使いにくいです。

 

中ぐらいのサイズがよいです。

 

魚針用(上の写真)とイカ針用(下の写真)が裏表で1つになっているものもあります。

 

これなら1つで両方いけるので便利です。

 

 

あと注意が必要なのが、購入した状態のままで使用すると海に落としてしまう恐れがあります。

 

本来、この釣り針置きはロッドホルダーを取り付ける時に一緒にはさんでおくのですが、最近の釣り船はロッドホルダーが装着されていることが多いので、釣り針置きを挟むことができません。

 

そのため、ただ置いておくことしかできないのです。

 

それで海に落ちる可能性が高くなります。

 

そこで、写真のようにゴム部分に穴を開けてひもを通しておきます。

 

穴はきりやプラスのドライバーを利用すれば、すぐに開けられます。

 

使用する際は、このひもをロッドホルダーに引っ掛けておくと海に落ちることはありません。

 

引っ掛けるだけなので簡単です。

 

だまされたと思ってやってみてください。

 

釣り針置きの価格は1,500円〜2,500円ぐらいです。

 

スポンサーリンク

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ 「グローブについて

ホーム