マイカ釣りの福井県小浜での釣果(2018年9月14日)

マイカ釣りの福井県小浜での釣果(2018年9月14日)

7月にマイカ釣りに行きましたが、まったくダメでした。

 

その時のリベンジができればという気持ちで行ってきました。

 

この日は、あいにくの雨となりました。

 

波と風はないということだったので、あとは潮次第ですね。

 

マイカ釣り 福井県小浜

 

午後4時頃に出船しました。

 

1時間ほど船を走らせて到着しました。

 

 

今回は、鉛スッテと浮きスッテの胴突き仕掛けの両方をやってみようと思います。

 

鉛スッテの仕掛けは次のとおりです。

 

仕掛け

鉛スッテ仕掛け  

竿 セフィア SS メタルスッテ B608ML-S
リール バルケッタBB 300HG
鉛スッテ15号と2号のエギなど
ハリス 3号
ショートタイプ

 

浮きスッテの胴突き仕掛けは、次のとおりです。

 

仕掛け

マイカ仕掛け  

竿 MULTI Solid−ST−U 30−150
リール シーボーグ300FBe
2.5号〜3号スッテ 10本
ハリス 6号
2〜3cm
間隔 150cm
クッションゴム あり
おもり 60号

 

予定では、浮きスッテは電動リールのスロー巻きで誘って、マイカが乗るまでの間は鉛スッテの手巻きで釣ってやろうという考えがありました。

 

そんなにうまくいくとは思えませんが。

 

結局、この予定は見事にくるってしまいました。

 

 

日が暮れるまでは、鉛スッテで底を攻めていたのですが、まったく当たりがありませんでした。

 

真っ暗になって、船のライトが点灯して、30分ほど経つと、少しづつ当たりが出始めました。

 

鉛スッテに当たりがあって釣り上げることができました。

 

マイカ釣り 福井県小浜

 

今日は鉛スッテでたくさん釣ることができるのではと思った矢先に、急に仕掛けが軽くなりました。

 

回収してみると、PEから切られていました。

 

原因は、サゴシ(サワラの小型のもの)でした。

 

マイカ釣り 福井県小浜

 

サゴシは、鋭い歯を持っています。

 

仕掛けなど、一瞬で切られてしまいます。

 

マイカ釣りにおける釣り人の天敵の1つです。

 

船長から、鉛スッテはやめた方がよいと言われましたので、この日は諦めることにしました。

 

わずか1杯しか釣っていなかっただけに残念の一言です。

 

 

ここからは、浮スッテ仕掛け1本で釣ることにしました。

 

とは言っても、浮スッテ仕掛けだからサゴシにやられないというわけではありません。

 

私は仕掛けを1回しか着られませんでしたが、4回も切られてしまった仲間がいました。

 

付けているスッテの数が多いだけに、何個も仕掛けをやられてしまうとへこんでしまいます。

 

 

サゴシがいるということは、逆にエサとなるマイカもたくさんいるということです。

 

水深40mまで沈めて、ゆっくり巻き上げるだけですぐに乗りました。

 

足切れしないようにある程度スピードを落として巻き上げてくると、マイカが1〜4杯乗っていました。

 

毎回4〜5杯乗ってくると、すぐに100杯ぐらい釣れますが、1〜2杯のことが多くてなかなか数は伸びませんでした。

 

それでも、コンスタントに釣れ続きましたので、退屈せず楽しむことができました。

 

マイカ釣り 福井県小浜

 

午後11時30分に釣りを終えました。

 

足切れやサゴシによる邪魔はありましたが、目標の100杯をクリアすることができました。

 

3ケタは久しぶりのような気がします。

 

より釣りをすることができました。

 

欲を言えば、もう少し鉛スッテで釣りたかったですね。

 

スポンサーリンク

 

日時 2018年9月14日 16時〜24時30分
人数 4人
ポイント 福井県 小浜
釣り方 浮きスッテ・鉛スッテ

天気

 

雨

 

 

0.5m

 

普通

 

弱い

私の釣果

マイカ釣り 釣果

 

マイカ103匹 15〜40cm

 

全員の釣果

 

マイカ385匹 15〜40cm

 

 

スポンサーリンク

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2018年の釣り情報!

ホーム


 
ホーム サイトマップ